ヘッドラインニュース

厚労省 健食安全性検討会 GMP指針改正で大筋合意 結論は6月に持ち越し

 厚生労働省の「健康食品の安全性確保に関する検討会」は21日、5回目の会合を開き、健康食品を対象とする厚生労働省のGMPガイドラインを、米国並みの詳細な内容に改める方向で大筋まとまった。→続きは『健康産業速報』第1196号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省 健食安全性検討会 GMP基準統一の方向へ 行政関与の第三…
  2. 超党派議員連盟が初会合 健食新法制定に向け始動 情報提供のあり方…
  3. 50代の2割がサプリ摂取、厚労省が初の中高年者縦断調査
  4. JAS制度拡大、官民連携で新規格 「機能成分の測定法」候補にカテ…
  5. 宮城県、国産のニセ薬を発見
  6. UMIN、ネットで臨床試験結果公開 健食も対象
  7. 通販利用媒体、ネットがカタログを逆転
  8. JAMA発表の「サプリで死亡率増加」、世界中に波紋
PAGE TOP