ヘッドラインニュース

06年健食受託企業調査

 半数が「不景気」実感
 設備投資は活発、各社強気姿勢
 健康産業新聞が4日までにまとめた健康食品受託製造企業の実態調査で、2006年の健康食品市場の景況感について、半数の企業が「不景気だった」と感じていたことがわかった。実際に経営が悪化した受託企業も4社に1社の割合となり、政府が「いざなぎ景気超え」と分析する日本経済において、健食市場に不景気の波が押し寄せていることが鮮明になった。→続きは『健康産業速報』第1083号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. JAS制度拡大、官民連携で新規格 「機能成分の測定法」候補にカテ…
  2. 都、47の健食製造業者に立入調査 「問題となる施設なし」
  3. 自民党・食育調査会、「あるある」問題で行政に詰め寄る
  4. 九州沖縄農業研究センター、カンショのルテインを分析
  5. 熊本地震、物流面で影響も 各社復旧に向け準備
  6. 阪大附属病院、「補完医療外来」を開設
  7. ソウルでの健食摂取率、3人に1人
  8. 日健栄協・賀詞交歓会、「再浮上と信頼回復の幕開け」
PAGE TOP