ヘッドラインニュース

06年健食受託企業調査

 半数が「不景気」実感
 設備投資は活発、各社強気姿勢
 健康産業新聞が4日までにまとめた健康食品受託製造企業の実態調査で、2006年の健康食品市場の景況感について、半数の企業が「不景気だった」と感じていたことがわかった。実際に経営が悪化した受託企業も4社に1社の割合となり、政府が「いざなぎ景気超え」と分析する日本経済において、健食市場に不景気の波が押し寄せていることが鮮明になった。→続きは『健康産業速報』第1083号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 「機能性表示」課題検討会 「糖質・糖類」追加へ、議論前進
  2. 都、47の健食製造業者に立入調査 「問題となる施設なし」
  3. 小林製薬、薬とサプリの相互作用をデータベース化
  4. 薬健研シンポ、健食の国際動向
  5. 電通、注目商品5位に「寒天」 CoQ10は女性に支持
  6. 日健栄協、4製造所にGMP認定
  7. 茨城県、健食試買調査で医薬品成分検出
  8. 都、ネット上の健食広告監視を全国に拡大
PAGE TOP