ヘッドラインニュース

特保の審議再開が足踏み

【1364号トップニュース】特定保健用食品の審議再開が大幅に遅れる見通しだ。特保制度が厚生労働省から消費者庁に移管されたことに伴って、審議途中だった64件の案件についても消費者庁に引き継がれた。しかし、特保を審議する消費者委員会の体制が固まらず、審査にあたる専門委員の人選に入れない状況にある。
【主なニュース】
・肥満学会、来月9日から浜松で
・福岡県、海外向けネット通販支援
・ホーユー、クラシエグループ買収へ
・ポーラが黒酢飲料投入
・ライオン、ラブレ配合のラクトフェリンサプリ
他ニュース多数!

関連記事

  1. 不二製油、水溶性イソフラボンの採用相次ぐ
  2. アガリクス、華麗に復活 ケンコーコムランキング
  3. 食品素材展「Fiアジア」、バンコクで来月開催
  4. 健康コーポレーション、米国市場に進出
  5. 通販協 ネット通販利用者の実態調査
  6. 「減感作療法の花粉健食、流通不可」 厚労省が見解示す
  7. 【国セン】16年度相談 健食33%増、定期購入問題が影響
  8. 厚労省人事、新開発食品保健対策室長に山田英樹氏
PAGE TOP