ヘッドラインニュース

JAS法「指針」の運用改善

【健康産業速報1475号トップニュース】消費者庁と農林水産省は10月29日、食品表示でJAS法に違反した場合のペナルティを「指導」にとどめるための条件に、事業者自らがホームページや社告などで公表することを追加し、都道府県などに通知した。違反表示のほとんどが公表されない現状に批判が強まっていることを受け、すべての違反事例を公表する方向へ大転換する。・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆9月の家計調査、健食支出5.6%増で堅調
◆09年度通販実態調査、43%が増収 減収は49%
◆COP10、健食含む遺伝資源の利益配分で「議定書」採択
◆大高酵素の新社長に今井氏
他ニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省、イグサ青汁の扱いで回答 食薬区分判定は持ち越し
  2. キリンヤクルト、ブナハリタケ特保を上市
  3. シーバイオン、糖質研究でチッソと提携
  4. JIHFS・大濱理事長 業界内の認識一致求める 健食制度見直しで…
  5. 経産省、改正特商法の解釈通達
  6. エグゼクティブ会議が賀詞交歓会
  7. ロート製薬、目黒化工を子会社化へ
  8. 厚労省 健食新制度の説明会 特許表示で注意喚起
PAGE TOP