ヘッドラインニュース

JAS法「指針」の運用改善

【健康産業速報1475号トップニュース】消費者庁と農林水産省は10月29日、食品表示でJAS法に違反した場合のペナルティを「指導」にとどめるための条件に、事業者自らがホームページや社告などで公表することを追加し、都道府県などに通知した。違反表示のほとんどが公表されない現状に批判が強まっていることを受け、すべての違反事例を公表する方向へ大転換する。・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆9月の家計調査、健食支出5.6%増で堅調
◆09年度通販実態調査、43%が増収 減収は49%
◆COP10、健食含む遺伝資源の利益配分で「議定書」採択
◆大高酵素の新社長に今井氏
他ニュース多数!

関連記事

  1. 届出情報の不備など問題視 消費者委員会 消費者庁からヒアリング
  2. 都、健康番組の実態調査へ
  3. 富士化学、「アスタキサンチンが眼精疲労を軽減」
  4. JTフーズ、新ミネラル素材を上市
  5. 農水省の地域おこし事業、機能性食品の販路拡大支援
  6. ヤマハ発動機、アスタキサンチンで健食市場参入
  7. 公取委 景表法の運用強化 「15日ルール」厳守求める
  8. 農水省、機能性食品の事業化など支援
PAGE TOP