ヘッドラインニュース

健食テーマに合同シンポ

【健康産業速報1474号トップニュース】日本学術会議パブリックヘルス科学分科会と日本公衆衛生学会の合同公開シンポジウム「パブリックヘルス問題としての健康食品」が28日に開催され、健康食品の今後の方向性を含めた5講演が行われた。・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆北海道で健康産業創出シンポ、機能性表示など議論
◆EFSA、ヘルスクレーム評価内容更新
◆鹿島、甘草の水耕栽培システムを開発
◆セシール、サプリラインアップ見直し 全100種類で新登場
他ニュース多数!

関連記事

  1. 北京の高齢者、3割以上がメタボリック症候群
  2. 食品安全委、疾病リスク低減特保の評価に着手
  3. 国セン、大豆イソフラボン健食をテスト
  4. 米、サプリ健康被害報告を義務化
  5. 「乳酸菌」が採用素材トップに 3品に1品が「機能性表示食品」
  6. 中小企業庁プロジェクト 健康食品開発など支援 牡蠣、健康茶、パパ…
  7. 食品安全委 アガリクス問題で調査会 試験結果、8月にも報告 安全…
  8. 1246号(2008年7月18日号)配信
PAGE TOP