ヘッドラインニュース

CRN-J コンドロイチン問題で前進

【健康産業速報1482号トップニュース】CRN JAPANは25日、コンドロイチン硫酸の定量法や表示方法のあり方に関する研究結果を公表した。(独)国民生活センターがコンドロイチン硫酸等の健康食品を対象に行った商品テストの結果を受けて、CRN-Jの専門部会が約2年にわたって研究した。・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆厚労省部会、西洋ハーブOTCを了承 「エパデール」は継続審議に
◆消費者庁、来月20日に栄養成分表示検討会の初会合
◆特保7品許可、計967品に
◆香川県、健食の農薬・金属類含有調査「実施が適当」
◆わかさ生活とアピが共同研究、ビルベリー関連技術で特許取得
他ニュース多数!

関連記事

  1. 医療・医薬分野でもサプリメント法に関心
  2. 米ホールフーズ合併問題、連邦地裁はFTC主張を棄却
  3. 特保、総数800品目突破
  4. JIHFS、協和薬品の本社工場をGMP認定
  5. 18年度予算概算要求 機能性表示で買い上げ調査、DB改修も
  6. 「減感作療法の花粉健食、流通不可」 厚労省が見解示す
  7. 米、中国製サプリ原料の安全性「現地で分析調査」
  8. もろみ酢の公正競争規約、23日施行
PAGE TOP