ヘッドラインニュース

10年度 景表法措置件数47%増

【健康産業速報1520号トップニュース】消費者庁は14日、景品表示法に基づく法的措置件数の推移(1日現在)をまとめた。公表された2010年度の措置件数は56件で、前年度の38件から47%増。内訳は国が20件(前年度12件)、都道府県が36件(同26件)でいずれも増加した。
【主なニュース】
◆2月健食通販売上、0.2%減
◆中国、輸入禁止措置で強硬姿勢
◆RJ市場規模、微増の550億円に
他ニュース多数!

関連記事

  1. アスタキサンチン、新製品ラッシュでブーム到来
  2. 北京の高齢者、3割以上がメタボリック症候群
  3. 食品安全委、リスク評価案件を選定 メシマコブは対象外に
  4. CPhI、18日に東京ビッグサイトで開幕
  5. 厚労科学研究、アガリチンの解明進む
  6. 厚労省 健康増進法・基本方針 「健康産業育成」盛り込む 健食が対…
  7. 健食の効果、「個体差考慮を」 社福協フォーラム
  8. JT、GABA含有の新機能性飲料を発売
PAGE TOP