ヘッドラインニュース

10年度 景表法措置件数47%増

【健康産業速報1520号トップニュース】消費者庁は14日、景品表示法に基づく法的措置件数の推移(1日現在)をまとめた。公表された2010年度の措置件数は56件で、前年度の38件から47%増。内訳は国が20件(前年度12件)、都道府県が36件(同26件)でいずれも増加した。
【主なニュース】
◆2月健食通販売上、0.2%減
◆中国、輸入禁止措置で強硬姿勢
◆RJ市場規模、微増の550億円に
他ニュース多数!

関連記事

  1. 家計調査 2月の健食支出額 前年同月比4・6%減に 市場の地盤沈…
  2. 機能性評価モデル事業 11チーム整備、延べ60社参加
  3. 政府、「食品表示監視協議会」設置へ
  4. ミツバ貿易、「チアオイル」など新原料上市
  5. 日本サプリメントの問題 特保全体に波及 消費者庁、全品調査を要請…
  6. 「消費者基本計画」工程表改定、機能性表示施行状況踏まえ見直し検証…
  7. 薬健研シンポ、健食の国際動向
  8. 神奈川県警、薬事法違反で健食企業社員2人逮捕
PAGE TOP