ヘッドラインニュース

厚労省研究班、「アガリクスのカドミウム対策必要」

 厚生労働省の研究班はこのほど、アガリクスの有害物質含有の有無を調べた研究報告書をまとめた。研究班ではアガリクス・ブラゼイ・ムリルなどを対象に、毒性が指摘されているアガリチンや、重金属などの含量を調査。市販のアガリクス健食12品を買い上げて分析したところ、カドミウム濃度が高い製品が2品見つかった。研究班ではCd濃度が高い製品を販売していた2社に連絡。その結果、販売終了あるいはCd濃度に関する社内規格を設定するなどの対応策が講じられた。

関連記事

  1. 家計調査2月、健食支出V字回復
  2. 健食企業、中国進出の動き加速
  3. アピ、ローヤルゼリーで特保申請
  4. 厚生労働科学研究 サプリ30種類を調査
  5. 「統合医療展」盛況 22%増の9812人が来場 予防分野ビジネス…
  6. 日健栄協、α-リポ酸の規格基準作成へ
  7. 家計調査10月、健食4%増 今年度初のプラス
  8. 消費者庁、トランス脂肪酸の指針策定へ
PAGE TOP