ヘッドラインニュース

厚労省研究班、「アガリクスのカドミウム対策必要」

 厚生労働省の研究班はこのほど、アガリクスの有害物質含有の有無を調べた研究報告書をまとめた。研究班ではアガリクス・ブラゼイ・ムリルなどを対象に、毒性が指摘されているアガリチンや、重金属などの含量を調査。市販のアガリクス健食12品を買い上げて分析したところ、カドミウム濃度が高い製品が2品見つかった。研究班ではCd濃度が高い製品を販売していた2社に連絡。その結果、販売終了あるいはCd濃度に関する社内規格を設定するなどの対応策が講じられた。

関連記事

  1. DgSは「立地」が決め手? ツルハ調査
  2. 国立栄研、健食データベースの情報提供を業界に依頼
  3. 「新潟県健康ビジネス協議会」発足
  4. 国セン、健康食品の損害相談が大幅減
  5. 漢方薬と併用されている健食は?ファンケルなど実態調査
  6. 米サプリ成分指針、2割の企業が「対応不可」 中小撤退の懸念も
  7. アピ、便秘改善する機能性食品開発へ 特保取得も視野
  8. 美白ケア、サプリで対応との声も ファンケル調査
PAGE TOP