ヘッドラインニュース

機能性評価モデル事業 11チーム整備、延べ60社参加

【健康産業速報1552号トップニュース】消費者庁の「食品の機能性評価モデル事業」を受託した日本健康・栄養食品協会は5日、研究対象となる11成分の機能性データを収集・分析する「成分別機能性評価専門チーム(11チーム)」の参加企業を決定した・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆アピ、RJで新知見 「デセン酸」で線虫の寿命延長
◆ハーバー研究所、北海道基盤の食品会社設立を発表
他ニュース多数!

関連記事

  1. 家計調査 05年・健食月額支出 15%増の1429円
  2. AOU研究会に200人超 新JAS、事業者にメリット
  3. 米サプリ成分指針、2割の企業が「対応不可」 中小撤退の懸念も
  4. 食品安全委、アガリクス作業部会が初会合
  5. 特保申請で留意事項案
  6. 特保審査の都道府県への委譲、厚労省「実現困難」
  7. 自民党・食育調査会、「あるある」問題で行政に詰め寄る
  8. 家計調査1月、健食支出3・9%増でプラス発進
PAGE TOP