ヘッドラインニュース

機能性評価モデル事業 11チーム整備、延べ60社参加

【健康産業速報1552号トップニュース】消費者庁の「食品の機能性評価モデル事業」を受託した日本健康・栄養食品協会は5日、研究対象となる11成分の機能性データを収集・分析する「成分別機能性評価専門チーム(11チーム)」の参加企業を決定した・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆アピ、RJで新知見 「デセン酸」で線虫の寿命延長
◆ハーバー研究所、北海道基盤の食品会社設立を発表
他ニュース多数!

関連記事

  1. 中国の電子商取引市場、56兆円 「越境」は4.8兆円、サプリ人気…
  2. 厚労省、α-リポ酸の化粧品利用を許可
  3. 公取委 20年度に体制強化 一挙65人の増員要求 健食不当表示に…
  4. ファンケル、47都道府県すべてに直営店舗出店
  5. 【イベント】2006年10月4日、サイモン・ペットマン氏特別講演…
  6. 台湾産RJから抗生物質 厚労省、検査命令へ
  7. 健食懇、新会長に味の素・木村氏
  8. 韓国健食売上ランキング、トップは「紅参」
PAGE TOP