ヘッドラインニュース

【東京都】66%が特保等健食摂取 5割が満足、7割が実感 「機能性表示」利用は44%

sokuhou.jpg

都民の66%が保健機能食品を含む健康食品を最近1年で利用したことが、東京都が3月29日に発表した報告書でわかった。機能性表示食品は44%が利用。都では調査結果を「健康食品の適正使用に向けた普及啓発に活用する」と話している。


調査は1月、18~74歳男女を対象に実施。予備調査で6427、本調査で1266の有効回答を得た。健食ユーザー対象のグループインタビューも行った。
予備調査では、機能性表示食品は・・・
(詳しくは「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 1241号(2008年7月1日号)配信
  2. 消費者庁、食品表示法統一へ22日始動
  3. 日本綜合医学会 東京大講演会に800人
  4. 厚労省、規格基準型特保の拡充検討
  5. 岐阜県生物工学研究所等、青柿の機能解明 特保への応用も視野
  6. 三井物産、米サプリメント市場へ参入
  7. 名市大・牧野氏が講演 健康食品、再分類が必要 栄養素と生薬、「区…
  8. 8月6日の健食安全性検討会 4業界団体が意見陳述へ 効能表示の検…
PAGE TOP