ヘッドラインニュース

【東京都】66%が特保等健食摂取 5割が満足、7割が実感 「機能性表示」利用は44%

sokuhou.jpg

都民の66%が保健機能食品を含む健康食品を最近1年で利用したことが、東京都が3月29日に発表した報告書でわかった。機能性表示食品は44%が利用。都では調査結果を「健康食品の適正使用に向けた普及啓発に活用する」と話している。


調査は1月、18~74歳男女を対象に実施。予備調査で6427、本調査で1266の有効回答を得た。健食ユーザー対象のグループインタビューも行った。
予備調査では、機能性表示食品は・・・
(詳しくは「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 都、健食専門委が最終会合 健食の枠組作りにも言及
  2. 農産物「機能性表示」で取組加速
  3. 公取委、消費者取引で「適正化推進員制度」スタート
  4. 米FTC ダイエット健食の広告調査
  5. 経産省 特商法違反で行政処分 健食企業に業務停止命令
  6. ニプロ、ペースト状明日葉原料の供給開始
  7. 「フィーバーフュー」にヒットの兆し
  8. 糖尿病患者、46%が「健食ほぼ毎日摂取」
PAGE TOP