ヘッドラインニュース

厚生労働科学研究 妊婦の栄養欠乏状況を報告

 妊婦の栄養摂取状況は極めて劣悪で、特に不足が目立つ鉄の摂取量は栄養所要量の目標値の半分程度――。次世代を産み育てる立場にある妊婦の深刻な栄養不足の実態が、このほどまとまった平成15年度厚生労働科学研究の報告書でわかった。

関連記事

  1. 都講習会、「サラサラ」表示で注意喚起
  2. 大日本製薬、興和にヘルスケア事業譲渡へ
  3. 九州地域バイオクラスター推進協議会が27日発足
  4. ADM、有機大豆の原料供給開始
  5. 厚労省、アガリクス問題で通知
  6. 09年度訪販市場、2兆円割る
  7. 1239号(2008年6月24日号)配信
  8. 内閣府・泉政務官 表示規制の問題点に言及
PAGE TOP