ヘッドラインニュース

米国CRN、サプリ情報でデータベース ラベル表示や成分など公開


NBTY、GNCなど参加

 米国栄養評議会(CRN)は、すべての会員企業の製品情報を公開するデータベースの構築に乗り出した。6日に、「サプリメント・オンライン・ウェルネス・ライブラリー(Supplement OWL)」のベータ版について試験稼働を開始。NBTYやGNCなど注力企業がすでに参加を表明、CRNでは来月の年次大会で正式に立ち上げを発表する。来月7月末までに全会員企業の公開を義務付ける計画だ。


 これは、小売業者が仕入れを検討する際、・・・

(詳しくは9月9日付「健康産業速報」で)




毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。

「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 健食と保健機能食品の関係、半数以上が知らず 農水省調査
  2. ジャパンヘルス、健食卸業から撤退
  3. 第2回エグゼクティブ会議 サプリ新法制定へ前進 議連4役迎え意見…
  4. 厚労省 「規格基準型特保」第一弾決定
  5. 滋賀県、立入検査でCoQ10健食から医薬品成分
  6. 27日から健康科学学会
  7. 国立栄研、健食データベースの情報提供を業界に依頼
  8. 消費者委員会 特保調査会を設置
PAGE TOP