ヘッドラインニュース

米国CRN、サプリ情報でデータベース ラベル表示や成分など公開


NBTY、GNCなど参加

 米国栄養評議会(CRN)は、すべての会員企業の製品情報を公開するデータベースの構築に乗り出した。6日に、「サプリメント・オンライン・ウェルネス・ライブラリー(Supplement OWL)」のベータ版について試験稼働を開始。NBTYやGNCなど注力企業がすでに参加を表明、CRNでは来月の年次大会で正式に立ち上げを発表する。来月7月末までに全会員企業の公開を義務付ける計画だ。


 これは、小売業者が仕入れを検討する際、・・・

(詳しくは9月9日付「健康産業速報」で)




毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。

「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 都、食品表示対策で立入検査
  2. 日本新薬、健食通販事業に参入
  3. 文科省事業、産学官連携で健食開発
  4. 「食とメタボ」シンポに230人
  5. 都の健食専門委、報告書案固まる
  6. 健康博覧会レポート 27日開幕、テレビ取材相次ぐ
  7. 米国、サプリの安全性・有効性議論高まる
  8. DAGのリスク評価、がんセンターの試験結果待ちに
PAGE TOP