ヘッドラインニュース

米国CRN、サプリ情報でデータベース ラベル表示や成分など公開


NBTY、GNCなど参加

 米国栄養評議会(CRN)は、すべての会員企業の製品情報を公開するデータベースの構築に乗り出した。6日に、「サプリメント・オンライン・ウェルネス・ライブラリー(Supplement OWL)」のベータ版について試験稼働を開始。NBTYやGNCなど注力企業がすでに参加を表明、CRNでは来月の年次大会で正式に立ち上げを発表する。来月7月末までに全会員企業の公開を義務付ける計画だ。


 これは、小売業者が仕入れを検討する際、・・・

(詳しくは9月9日付「健康産業速報」で)




毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。

「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 特保制度、存続へ
  2. 厚労省、アガリクス問題で通知
  3. ビタミンC不足が「タバコ病」に関与 都老人研・石神氏らが確認
  4. 米でコンドロイチン論争、業界団体は効果を強調
  5. 健食業界にも“偽装”問題? インドで論文捏造疑惑
  6. 米、3割の子どもがサプリ利用 マルチビタミンが人気
  7. 政府予算概算要求 特保見直しの可能性も
  8. 家森氏、イソフラボンで講演 「摂取目標量」でがん予防 食品安全委…
PAGE TOP