ヘッドラインニュース

特保審査、一時中断

【健康産業速報1436号トップニュース】消費者庁が特定保健用食品に関するすべての審査業務を一時中断すると決めたことが8日、本紙の取材でわかった。(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆健食表示検討会、消費者側と業界側の溝埋まらず
◆厚労省研究班、抗酸化サプリの有効性検証  野菜等と比較
◆健食通販売上高、2ヵ月連続2ケタ増
◆健食アドバイザリースタッフ、6割が国家資格化に「賛成」
◆三菱ガス化学、吸収力高めた新型CoQ10上市
◆化粧品受託企業、受注素材ランキングトップはヒアルロン酸
◆4県が連携、機能性食品の産業振興  食品開発展に出展
他ニュース多数!

関連記事

  1. 国立栄研、α−リポ酸のダイエット効果は「不明」と判断
  2. 薬学会、26日から横浜で アガリクスの報告相次ぐ 一般発表、過去…
  3. アンチエイジング国際シンポ、「骨粗鬆症予防で抗動脈硬化」
  4. 食事バランスガイド、達成率低く・・農水省職員でも「実践難しい」
  5. ネット通販実態報告書 25%が健食購入
  6. 農水省、ナノ化懸濁液を開発へ 栄養補助食品への利用に期待
  7. 10年度政府予算案 健食行政、今年度とほぼ同様
  8. カシス市場規模、35億円で足踏み
PAGE TOP