ヘッドラインニュース

アオバナ等、4成分「非医」に 厚労省、食薬区分改正を通知


スポーツ用途のATPは「医」

厚生労働省は17日、食薬区分の改正通知をホームページで公開した。8月の改正案通りの内容。アオバナなど4成分を新たに「非医薬品リスト」に加えた。また同リスト収載済みのイナゴマメの部位に「莢」を追加。一方、米国でスポーツサプリに利用されているATPなど2成分は「医薬品リスト」に収載された。


改正通知は12日付で都道府県などに発出。あわせて8月に・・・

(詳しくは10月18日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)



【申込受付開始】10月下旬刊行 「受託製造企
業ガイドブック2017年版」

2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡
先がこの一冊に。


関連記事

  1. 多次元抗酸化研究会、抗酸化能の受託分析に着手
  2. アガリクス協議会、議連の支援など来年度活動計画を発表
  3. 厚労省、安全性第三者認証で日健栄協案に懸念
  4. 農水省 食品研究課題の事前評価 条件付特保の申請に期待
  5. サンライフ、クロレラベースに新規美容素材を開発
  6. 消費者庁 「機能性評価モデル事業」公募開始
  7. 15年度サプリ支出0.4%増 3月大幅増、プラスで着地
  8. 国センが高麗人参健食の商品テスト、行政・業界に改善要望
PAGE TOP