ヘッドラインニュース

財務省 06年輸入通関速報 クロレラ前年割れか 国内需要は横ばい

 財務省は1月30日、輸入通関統計の速報値を発表、昨年のクロレラの累計数量は大きく膨らんだが、実際には前年割れとなった可能性が高いことがわかった。2006年のクロレラの輸入量は、統計上は2135トン。前年の1287トンを大きく上回る前例のない数量となった。国別に見ると、インドネシアが1379トン(前年102トン)、台湾が約432トン(同598トン)、韓国が約323トン(同586トン)。→続きは『健康産業速報』第1099号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. ファイン、秋の新商品を一挙3品上市
  2. 新日本科学、バイオマーカーサイエンスと提携 統合医療分野で
  3. カネボウ、デトックス技術を開発 「生薬と微量栄養素で効果増強」(…
  4. 米調査会社、20年の健食世界市場2250億ドルに
  5. 04年健食市場規模
  6. 薬学会、28日から富山で CoQ10、リポ酸等発表 コタラヒムが…
  7. 経産省、健食通販のアサヒ産業に業務停止命令
  8. 特保、総数800品目突破
PAGE TOP