ヘッドラインニュース

財務省 06年輸入通関速報 クロレラ前年割れか 国内需要は横ばい

 財務省は1月30日、輸入通関統計の速報値を発表、昨年のクロレラの累計数量は大きく膨らんだが、実際には前年割れとなった可能性が高いことがわかった。2006年のクロレラの輸入量は、統計上は2135トン。前年の1287トンを大きく上回る前例のない数量となった。国別に見ると、インドネシアが1379トン(前年102トン)、台湾が約432トン(同598トン)、韓国が約323トン(同586トン)。→続きは『健康産業速報』第1099号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 協和ウェルネス、ビオチンの本格供給開始
  2. フランス、サプリ市場15%拡大  ダイエット健食が人気
  3. 地方発の健食開発相次ぐ
  4. 1234号(2008年6月6日号)配信
  5. アピ新社長に野々垣孝彦氏
  6. カゴメ、健食ブランド立ち上げ 第1弾はリコピン
  7. 1242号(2008年7月4日号)配信
  8. アガリクス安全性試験結果、年明けにも報告
PAGE TOP