ヘッドラインニュース

EU、ハーブの機能性表示で2年以内に見直しへ

EUで課題となっている植物由来成分の健康強調表示(ヘルスクレーム)をめぐり、欧州委員会のヴィテニス・アンドリュカイティス委員(保健衛生・食品安全担当)は、欧州議会が欧州健康製品製造業者連合と共催したワークショップで、来年中に現状についての報告書をまとめる考えを明らかにした。任期が終了する2018年までに「解決策を打ち出すための見直しを行う」としている。


EUでは植物由来成分によるヘルスクレームについて、食品の方が医薬品より基準が厳しいとして、課題となっている。一部の植物由来成分が・・・

(詳しくは11月22日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


11月30日まで 早期割引申込み 「受託製造企業ガイドブック2017年版」
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. ジャパンヘルス、健食卸業から撤退
  2. 沖縄健食市場、回復軌道に
  3. 静岡県、黒豆茶の商品テスト結果発表
  4. 大正製薬、特保「グルコケア」に粉末スティックタイプ
  5. 特保早くも650品に、4ヵ月で約50品許可
  6. 日健栄協、CoQ10販売後調査で補足文書
  7. 米裁判所、FDAのエフェドラ規制を支持
  8. 果物や野菜が特保に? 政府が規制改革計画を閣議決定
PAGE TOP