ヘッドラインニュース

EU、ハーブの機能性表示で2年以内に見直しへ

EUで課題となっている植物由来成分の健康強調表示(ヘルスクレーム)をめぐり、欧州委員会のヴィテニス・アンドリュカイティス委員(保健衛生・食品安全担当)は、欧州議会が欧州健康製品製造業者連合と共催したワークショップで、来年中に現状についての報告書をまとめる考えを明らかにした。任期が終了する2018年までに「解決策を打ち出すための見直しを行う」としている。


EUでは植物由来成分によるヘルスクレームについて、食品の方が医薬品より基準が厳しいとして、課題となっている。一部の植物由来成分が・・・

(詳しくは11月22日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


11月30日まで 早期割引申込み 「受託製造企業ガイドブック2017年版」
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 09年度訪販市場、2兆円割る
  2. 国セン、α-リポ酸の商品テスト結果を発表
  3. 経産省支援事業、健食開発課題など採択
  4. 華舞、受託製造事業を開始
  5. 菅俣粉体工業、50種類以上の有機JAS原料調達
  6. ニプロ、ペースト状明日葉原料の供給開始
  7. 米調査、「Caサプリメントで体重増加抑制」
  8. CRN‐J勉強会、大濱氏「法制化の機運は最高」
PAGE TOP