ヘッドラインニュース

米サプリ成分指針、2割の企業が「対応不可」 中小撤退の懸念も

FDA(米国食品医薬品局)が昨年8月に公表した新しい「NDI (新規ダイエタリー成分) ガイドライン」について、意見公募の最終期限となった先月、CRN (米国栄養評議会) やUNPA (米国自然製品連盟) などが立て続けに意見書を提出した。サプリ産業の2割の企業は新指針に対応できないといった声が挙がった。


米国では「栄養補助食品健康教育法(DSHEA)」が成立した1994年以前に流通していた原料をODI(Old Dietary Ingredients)、それ以外の新しい原料をNDI(New Dietary Ingredients)と規定。NDIについてはFDA・・・

(詳しくは1月11日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【ツアー参加者募集】ナチュラルプロダクトエキスポ アメリカ市場視察
世界最大の食品・サプリメント見本市「ナチュラル・プロダクト・エキスポ」 ツアー参加者の募集を開始しています。店舗視察による市場調査・展示会・セミナーから学ぶ商品トレンド


関連記事

  1. アムスライフサイエンス、ジャスダック上場へ
  2. 家計調査6月、健食支出が今年最低額を記録
  3. 総務省 家計調査3月 健食支出額、2%増に 市場回復に期待感
  4. マカ市場、100億円超に 一般食品への利用進む
  5. 残留農薬の新制度 健康食品にも影響大
  6. 中国、健食規制を強化
  7. 政府、個人の健康情報を一元化  サプリ分野でも活用
  8. 東北地方太平洋沖地震 宮城県、日健栄協に支援要請
PAGE TOP