ヘッドラインニュース

16年度、コラーゲン供給量2.5%減 ゼラチンは2%増、5年連続伸長

2016年度における食用コーラゲンペプチドの販売量が減少に転じる一方、食用ゼラチンの販売量は5年連続で伸長し、1万2000トン迫る勢いであることが分かった。日本ゼラチン・コラーゲン工業組合が公表した統計データで明らかになった。組合加盟企業の食用ゼラチンの合計販売量は、1万1814トン(前年比2.1%増)。事務局では増加の要因として・・・

ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

関連記事

  1. JT、GABA含有の新機能性飲料を発売
  2. 厚労省 20年度予算案 健食の安全性確保を重視 ネット広告の監視…
  3. 機能性表示で「SRのSR」 研究の”質”評価 東農大・上岡氏、J…
  4. 都、健食専門委が最終会合 健食の枠組作りにも言及
  5. 厚労省、アガリクス2品の安全性「問題なし」
  6. 国家プロジェクトで機能性食品開発 桑、米糠成分、オリーブ等
  7. 改正割販法省令案、健食訪販等に影響
  8. 農水省の「ブランド・ニッポン」開発、健康食品多数
PAGE TOP