ヘッドラインニュース

米IFT、「低GI値素材」が台頭

 米国最大規模の食品素材・技術展「IFT(Institute of Food Technologists)」が17日から19日まで、ニューオーリンズのコンベンションセンターで開催された。  出展者数は昨年より80社近く増加し、1000社を突破。カーギルやADMなどのほか、DSM、BASF、ダニスコなどワールドワイドに展開する企業が一堂に会した。来場者数は約2万人に上る見通し。出展内容は、フレーバー・シーズニング関連素材が最も多い。健康素材の出品も近年増えており、大豆関連素材、オーガニック素材、オメガ3系脂肪酸、水溶性ファイバーなどが目立った。

関連記事

  1. メシマコブのバイブル本事件で有罪判決
  2. 来週から統合医療展、セミナーに申込相次ぐ
  3. 特保新たに8品、計640品に
  4. ローヤルゼリー特保、安全性評価をクリア
  5. 食物繊維の学術団体「ファイバーアカデミア」が発足
  6. ビタミン学会、27日から徳島で VC等の有効性を報告
  7. 特別用途食品制度の見直し、厚労省が検討開始
  8. FDA、フッ素添加水に虫歯リスク低減表示認める
PAGE TOP