ヘッドラインニュース

統合医療の「虹彩学」、瞳孔で病状把握

 (社)東京生薬協会と(社)東京薬事協会は先頃、学術講演会を共同で開催、75人が参加した。東京薬科大学名誉教授の糸川秀治氏は「アメリカにおける統合医療」をテーマに講演した。  同氏は、統合医療の一種である「虹彩学」について紹介。虹彩学は、瞳孔の周囲にある虹彩を観察することで、身体の病状を把握できる手法。両目を撮影してコンピュータで解析すれば、5〜10分で結果がわかり、的確な診断が可能とした。

関連記事

  1. 食品安全委、リスク評価案件を選定 メシマコブは対象外に
  2. 厚労省 18年度輸入食品監視計画 残留農薬検査に重点
  3. アピ、サプリ研究会を開催 全国から学識者が参集
  4. 加工食品の業者間取引にJAS法適用へ 健食原料にも影響か
  5. <新春特別企画>健康食品2005年ヒット予測
  6. 島根県、健康博覧会に出展
  7. 米サプリ市場、5.8%増の160億ドル
  8. ロート製薬、特保の新素材開発に注力
PAGE TOP