ヘッドラインニュース

統合医療の「虹彩学」、瞳孔で病状把握

 (社)東京生薬協会と(社)東京薬事協会は先頃、学術講演会を共同で開催、75人が参加した。東京薬科大学名誉教授の糸川秀治氏は「アメリカにおける統合医療」をテーマに講演した。  同氏は、統合医療の一種である「虹彩学」について紹介。虹彩学は、瞳孔の周囲にある虹彩を観察することで、身体の病状を把握できる手法。両目を撮影してコンピュータで解析すれば、5〜10分で結果がわかり、的確な診断が可能とした。

関連記事

  1. 健食の健康被害件数が激減
  2. 家計調査8月、健食支出2.1%増
  3. 食品安全委、アガリクスの安全性 「全体疑うものでない」
  4. 混合診療解禁、イチョウ葉など医薬品化の可能性も
  5. 人間ドック全国集計、「高コレステロール」最多
  6. 「機能性表示」成分検討会 関口氏、糖質等の追加要望
  7. 協和発酵、高純度L-シトルリンの本格供給開始
  8. がん患者の健食摂取状況 アガリクスなど支持
PAGE TOP