ヘッドラインニュース

Ca摂取していても骨密度減少? 吸収率やホルモンが影響

 カルシウムを適量摂取していても、ホルモンの状態やCa吸収率によっては骨密度が減少してしまう可能性があることが、女子栄養大学助教授の上西一弘氏を分担研究者とする調査でわかった。研究では、「一律にCa摂取量を増やすように指導するだけではなく、対象者のホルモン状態などを考慮した個人ごとの対応が必要」としている。

関連記事

  1. 「あるある」の後継番組が決定 関西テレビ放送
  2. 梅エキスに胃がん予防効果
  3. 厚労省の健食安全性検討会が報告書骨子案、6月に決着
  4. 経産省 特商法違反で行政処分 健食企業に業務停止命令
  5. 厚労省 健食新制度の説明会 特許表示で注意喚起
  6. GMP、「将来、貿易の必須要件に」
  7. 健康食品と有用性情報をリンク
  8. 国民健康・栄養調査、女性の5割に痩身ニーズ
PAGE TOP