ヘッドラインニュース

名工大・下村氏、アミノ酸特保の登場を示唆

 分岐鎖アミノ酸(BCAA)は、筋肉や脳への効果を訴求する特定保健用食品としての利用が期待できる――。2日に開催された(財)日本健康・栄養食品協会主催の学術セミナーで、名古屋工業大学大学院教授の下村吉治氏がBCAA研究の最新動向を説明した。講習会には約80人が参加した。

関連記事

  1. 家計調査12月、健食支出21%の大幅増
  2. ケンコーコム売れ筋番付、横綱に寒天とα−リポ酸
  3. 都健康安全研究センター ブルーベリー健食を調査 一部商品で有効成…
  4. 食品安全委が調査 健食摂取経験者が7割に 黒酢、青汁など人気
  5. 全健協、新春の集いに120人
  6. ハウス食品、乳酸菌事業に本格参入
  7. ネスレ、ダイエット市場に参入 6億ドルで企業買収
  8. 東京都 健食講習会に980人 商品説明資料で薬事法違反も 表示規…
PAGE TOP