ヘッドラインニュース

名工大・下村氏、アミノ酸特保の登場を示唆

 分岐鎖アミノ酸(BCAA)は、筋肉や脳への効果を訴求する特定保健用食品としての利用が期待できる――。2日に開催された(財)日本健康・栄養食品協会主催の学術セミナーで、名古屋工業大学大学院教授の下村吉治氏がBCAA研究の最新動向を説明した。講習会には約80人が参加した。

関連記事

  1. 健食関連出版社の家宅捜索問題、業界に波紋
  2. カネカ、米CoQ10製造設備が来夏完成予定
  3. アガリクス協議会が記者会見、「問題となった製品以外は安心」
  4. 日本弁護士連合会 全国で「健食被害110番」 法改正の提言も視野…
  5. ジャパンヘルス、健食卸業から撤退
  6. 食品機能性評価支援センター、来月10日に開所式
  7. 経産省 「健康アイランド九州」構想 健食の開発・量産拠点に 「世…
  8. アガリクスで安全宣言
PAGE TOP