ヘッドラインニュース

名工大・下村氏、アミノ酸特保の登場を示唆

 分岐鎖アミノ酸(BCAA)は、筋肉や脳への効果を訴求する特定保健用食品としての利用が期待できる――。2日に開催された(財)日本健康・栄養食品協会主催の学術セミナーで、名古屋工業大学大学院教授の下村吉治氏がBCAA研究の最新動向を説明した。講習会には約80人が参加した。

関連記事

  1. 栄養ケアステーション 機能性食品販売を推進 特定健診制度スタート…
  2. 都、催眠商法で集中処分  一挙6社に業務停止命令
  3. 健全協、「健康産業全国協議会」に名称変更へ(1/24)
  4. 健康産業速報ロゴ2 サン・クロレラ、サプリ“飲み忘れ防止”で新サービス
  5. 都、食品表示対策で立入検査
  6. 厚労省・輸入食品監視指導計画、健食も対象
  7. シトルリンで研究会発足
  8. 食品表示の簡素化案が具体化 「一括表示」の省略規定も
PAGE TOP