ヘッドラインニュース

名工大・下村氏、アミノ酸特保の登場を示唆

 分岐鎖アミノ酸(BCAA)は、筋肉や脳への効果を訴求する特定保健用食品としての利用が期待できる――。2日に開催された(財)日本健康・栄養食品協会主催の学術セミナーで、名古屋工業大学大学院教授の下村吉治氏がBCAA研究の最新動向を説明した。講習会には約80人が参加した。

関連記事

  1. 厚労省調査、栄養補助食品・特保の摂取量が増加
  2. 米ホールフーズ合併成立、米市場の勢力図に変化
  3. 厚労省・増田推進官 「成分の届出義務化」報道を否定 「検討予定な…
  4. サントリー、ウイスキー成分で糖尿病合併症予防
  5. 東洋新薬、ビワ葉抽出物「ロイスリン」の体脂肪抑制効果を確認
  6. キダチアロエに抗がん作用
  7. DgS等立入調査、虚偽・誇大広告が増加
  8. スポーツサプリ21成分でファクトシート プロテイン、HMBなど …
PAGE TOP