ヘッドラインニュース

名工大・下村氏、アミノ酸特保の登場を示唆

 分岐鎖アミノ酸(BCAA)は、筋肉や脳への効果を訴求する特定保健用食品としての利用が期待できる――。2日に開催された(財)日本健康・栄養食品協会主催の学術セミナーで、名古屋工業大学大学院教授の下村吉治氏がBCAA研究の最新動向を説明した。講習会には約80人が参加した。

関連記事

  1. ユニキス、沖縄産サンゴ由来原料を上市
  2. DgS等立入調査、虚偽・誇大広告が増加
  3. エグゼクティブ会議 業界横断講演会に約400人
  4. 機能性表示、薬局でのサプリ活用モデルに期待
  5. 特商法の行政処分件数が過去最高に 健康酢で業務停止命令も
  6. 大豆イソフラボン問題、今月中にも意見募集実施へ
  7. 日健栄協、25日に交流会 「新JHFA構想」を紹介 健食安全性め…
  8. アガリクスのバイブル本事件、健食販社社長らに有罪判決
PAGE TOP