ヘッドラインニュース

厚労省 新特保で20日に合同部会

 厚生労働省は20日、表示・新開発食品調査合同部会を開催、前回の検討で保留となっていた条件付き特定保健用食品の名称を当初案どおりとすることで合意した。一方、新特保マークは若干の変更を加え、「条件付き」であることを容易に識別できるものとする。27日の食品衛生分科会で了承されれば、年明けの1月にも省令改正など必要な手続きを行う予定。新特保の申請受付の開始時期は改めて提示する。

関連記事

  1. 国セン・宗林氏、健食表示制度の見直しを提言
  2. 東京都 健康食品で「利用上の注意」
  3. 国セン、α-リポ酸の商品テスト結果を発表
  4. 厚労省研究班 アガリクスの臨床試験開始 安全性・有効性を検証 結…
  5. RJ公取協、ポジティブリスト制で対応策
  6. CoQ発見者が来日、国際カンファレンス開催
  7. 薬健研勉強会、抗酸化サプリの有効利用法紹介
  8. 食品安全委、リスク評価の検討対象候補に健食素材浮上
PAGE TOP