ヘッドラインニュース

厚労省 新特保で20日に合同部会

 厚生労働省は20日、表示・新開発食品調査合同部会を開催、前回の検討で保留となっていた条件付き特定保健用食品の名称を当初案どおりとすることで合意した。一方、新特保マークは若干の変更を加え、「条件付き」であることを容易に識別できるものとする。27日の食品衛生分科会で了承されれば、年明けの1月にも省令改正など必要な手続きを行う予定。新特保の申請受付の開始時期は改めて提示する。

関連記事

  1. 大阪商工会議所、機能性表示制度で建議 生鮮食品の独自基準要望
  2. 「フィーバーフュー」にヒットの兆し
  3. 高齢者のサプリ支出に異変、無職世帯6か月連続減
  4. 機能性農産物、所得増に期待感 社福協、新制度1年でフォーラム
  5. 東京都 健食対策で環境整備 医師会との連携を検討
  6. 16年BtoC電子商取引、15兆円突破、健食も売上増
  7. 食品産業センター、12月に食品表示セミナー
  8. キリン堂中間期、健食売上14%減 CoQ10需要低迷
PAGE TOP