ヘッドラインニュース

厚労省 新特保で20日に合同部会

 厚生労働省は20日、表示・新開発食品調査合同部会を開催、前回の検討で保留となっていた条件付き特定保健用食品の名称を当初案どおりとすることで合意した。一方、新特保マークは若干の変更を加え、「条件付き」であることを容易に識別できるものとする。27日の食品衛生分科会で了承されれば、年明けの1月にも省令改正など必要な手続きを行う予定。新特保の申請受付の開始時期は改めて提示する。

関連記事

  1. 農芸化学会、28日から札幌で
  2. がん代替療法の支出額 年間9,000億円以上に 筑波大・兵頭氏が…
  3. 食品免疫学会、乳酸菌・免疫ミルクなどで新知見
  4. 中国、無店舗販売など規制緩和
  5. 梅エキスに胃がん予防効果
  6. 通販協調査、健食含む「食料品」売上高6%増
  7. フランス、サプリ市場15%拡大  ダイエット健食が人気
  8. 食品開発展 記念セミナー32講座が決定
PAGE TOP