ヘッドラインニュース

厚労省 新特保で20日に合同部会

 厚生労働省は20日、表示・新開発食品調査合同部会を開催、前回の検討で保留となっていた条件付き特定保健用食品の名称を当初案どおりとすることで合意した。一方、新特保マークは若干の変更を加え、「条件付き」であることを容易に識別できるものとする。27日の食品衛生分科会で了承されれば、年明けの1月にも省令改正など必要な手続きを行う予定。新特保の申請受付の開始時期は改めて提示する。

関連記事

  1. サン・クロレラ販売、逆転勝訴 大阪高裁「優良誤認の恐れなし」
  2. 資生堂、新「ギムリンド」シリーズ展開へ
  3. 厚労省、妊産婦対象の食生活指針 葉酸の栄養機能食品を推奨
  4. 食品安全委 ジアシルグリセロールを評価 作業部会の設置を決定
  5. エル・エスコーポレーション、新食事摂取基準準拠の混合ミネラル酵母…
  6. 食品安全委、DAG評価で論点整理 厚労省は追加試験に着手
  7. 大分県、薬店で販売の健食から医薬品成分
  8. 家計調査10月、健食支出2.5%増
PAGE TOP