ヘッドラインニュース

国セン、大豆イソフラボン健食をテスト

 食品安全委の評価前に実施
 企業の対応より先に
 国民生活センターは22日、大豆イソフラボンを含む健康食品の商品テスト結果を発表、対象品目の商品名およびメーカー名をすべて公表した。(中略)食品安全委員会が設定した特定保健用食品としての大豆イソフラボンアグリコン上限値30mgを超えた商品は、24品中14品。一方で表示量の約1.8%しか大豆イソフラボンを含まない商品も見られた。→続きは「健康産業速報」第1037号で!

関連記事

  1. 改正割販法省令案、健食訪販等に影響
  2. ラクトフェリンフォーラム、4・13事務連絡取り上げ12日に講演会…
  3. 食品安全モニター、栄養機能食品の書類提出義務化を要求
  4. 健康志向食品の06年市場規模、富士経済の推計は1.2兆円 
  5. 消費者委が実態調査 約6割が健康食品を利用
  6. 健食含む「遺伝資源」で国際会議
  7. 農水省 地域食品の効果解明に本腰 機能評価法の手引き作成へ
  8. 経産省、健食などの連鎖販売業者に業務停止命令
PAGE TOP