ヘッドラインニュース

国セン、大豆イソフラボン健食をテスト

 食品安全委の評価前に実施
 企業の対応より先に
 国民生活センターは22日、大豆イソフラボンを含む健康食品の商品テスト結果を発表、対象品目の商品名およびメーカー名をすべて公表した。(中略)食品安全委員会が設定した特定保健用食品としての大豆イソフラボンアグリコン上限値30mgを超えた商品は、24品中14品。一方で表示量の約1.8%しか大豆イソフラボンを含まない商品も見られた。→続きは「健康産業速報」第1037号で!

関連記事

  1. 家計調査 健康食品の支出額 11ヵ月連続前年割れ
  2. 日健栄協 「健食GMP」で議論 小規模企業も認定可能
  3. 協和発酵決算、海外の健食用アミノ酸などが好調
  4. 四国がんセンター、「がんの代替医療ガイドブック」を公開
  5. 協和発酵、コーンセラミドの美容効果を確認
  6. 都、「健康安全研究センター」を再構築へ
  7. 機能性表示、「届出」ガイドラインの概要明らかに
  8. 特保計689品に、疾病リスク低減型も誕生
PAGE TOP