ヘッドラインニュース

ASEAN10ヵ国 共通のサプリ制度創設へ 定義で大筋合意

東南アジア諸国連合(ASEAN)が、域内共通のサプリメント制度の枠組みづくりに乗り出した。先月開かれた会合で、加盟国10ヵ国(タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、ブルネイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジア)の行政官らが議論を行い、各国共通の「ヘルスサプリメント」の定義について大筋合意した。→続きは「健康産業速報」第1050号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 特保新たに7品、総研611品目に
  2. ラクトフェリンフォーラム、4・13事務連絡取り上げ12日に講演会…
  3. 「α-リポ酸協会」、リポ酸の市場調査を実施
  4. 財務省 06年輸入通関速報 クロレラ前年割れか 国内需要は横ばい…
  5. EU、ヘルスクレームで前進 アガリクスの免疫表示申請 英FSAが…
  6. ミツバ貿易、サージ供給量が急増
  7. 台湾バイオフェア、約300社が出展
  8. 「デトックス」、商品名に使用できる? CRN-J検討委員会(1/…
PAGE TOP