ヘッドラインニュース

ASEAN10ヵ国 共通のサプリ制度創設へ 定義で大筋合意

東南アジア諸国連合(ASEAN)が、域内共通のサプリメント制度の枠組みづくりに乗り出した。先月開かれた会合で、加盟国10ヵ国(タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、ブルネイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジア)の行政官らが議論を行い、各国共通の「ヘルスサプリメント」の定義について大筋合意した。→続きは「健康産業速報」第1050号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 健食原材料価格など上昇 コストアップ深刻に 利益圧迫、受託企業に…
  2. 初の「疾病リスク低減特保」、リスク評価スタート
  3. 1247号(2008年7月23日号)配信
  4. ロート製薬、特保の新素材開発に注力
  5. 消費者庁、「ネット取引連絡会」立ち上げ
  6. コロソリン酸がメタボリック症候群に有効 動脈硬化学会
  7. 健食含む食料品で「不満」「被害受けた」は13% 国セン調べ
  8. ビタミンCサプリ、「食後の摂取が効果的」 都老人研がアドバイス
PAGE TOP