ヘッドラインニュース

ASEAN10ヵ国 共通のサプリ制度創設へ 定義で大筋合意

東南アジア諸国連合(ASEAN)が、域内共通のサプリメント制度の枠組みづくりに乗り出した。先月開かれた会合で、加盟国10ヵ国(タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、ブルネイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジア)の行政官らが議論を行い、各国共通の「ヘルスサプリメント」の定義について大筋合意した。→続きは「健康産業速報」第1050号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 上半期台湾産クロレラ輸入量 195トンで前年下回る 各社、新市場…
  2. リケンが債権者説明会、参加者から不満噴出
  3. 沖縄県、平成23年度に健食売上高542億円目指す
  4. 規制改革要望に厚労省が回答 4.13事務連絡、拘束力なし 「直ち…
  5. ウコン市場、350億円に ドリンク2強が市場牽引
  6. 東洋新薬、「フラバンジェノールでシミ・くすみ改善」
  7. サプリ支出、回復基調に
  8. 健食受託企業、4割が売上増
PAGE TOP