ヘッドラインニュース

ASEAN10ヵ国 共通のサプリ制度創設へ 定義で大筋合意

東南アジア諸国連合(ASEAN)が、域内共通のサプリメント制度の枠組みづくりに乗り出した。先月開かれた会合で、加盟国10ヵ国(タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、ブルネイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジア)の行政官らが議論を行い、各国共通の「ヘルスサプリメント」の定義について大筋合意した。→続きは「健康産業速報」第1050号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 東京都、悪質事業者への立入調査を強化 警視庁OBを増員へ
  2. 食品開発展、10月5日開幕
  3. ファイン、ソフトカプセル工場が兵庫県に完成
  4. ミツバ貿易、沙棘ストレート果汁の供給開始
  5. チッソ、コラーゲンペプチドの供給開始
  6. 健食テーマに合同シンポ
  7. 悪質事業者対策強化、特商法改正案が閣議決定
  8. 厚労省、大豆イソフラボン指針を通知
PAGE TOP