ヘッドラインニュース

開催概要固まる 11%増の860小間で過去最大 10月4日開幕

機能性素材、受託製造、分析・計測機器などに関するビジネストレードショーとしてアジア最大規模に成長した「食品開発展2006」(主催・CMPジャパン)の開催概要が固まった。食品開発展は「Hi」と「S-tec」で構成され、10月4~6日までの3日間、東京ビッグサイトで開催。出展企業数は約500社、ブース数は前年比11%増となる860小間で、過去最大規模となる。→続きは「健康産業速報」第1052号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 07年版厚生労働白書 「医療重視姿勢」鮮明に 健食は「指導対象」…
  2. 機能性表示、今年の受理50品突破 「筋肉」「血流」など新表示登場…
  3. エグゼクティブ会議に140人 健食立法化に向け本格始動 大濱議長…
  4. 通販協調査、健食含む「食料品」売上が6ヵ月連続前年上回る
  5. 6月の健食支出、1000円台回復
  6. 【号外】消費者庁 健食表示検討会が終了  「取り締まり指針」作成…
  7. 食品開発展、10月14日開幕
  8. 内閣府調査、メタボ症候群「言葉知っている」9割超える
PAGE TOP