ヘッドラインニュース

開催概要固まる 11%増の860小間で過去最大 10月4日開幕

機能性素材、受託製造、分析・計測機器などに関するビジネストレードショーとしてアジア最大規模に成長した「食品開発展2006」(主催・CMPジャパン)の開催概要が固まった。食品開発展は「Hi」と「S-tec」で構成され、10月4~6日までの3日間、東京ビッグサイトで開催。出展企業数は約500社、ブース数は前年比11%増となる860小間で、過去最大規模となる。→続きは「健康産業速報」第1052号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 内科学会など8学会 内臓脂肪症候群の診断基準を発表
  2. 「畠中キトサン」、中国の保健食品として認可
  3. 小太郎漢方、健康食品市場に本格参入
  4. 英刑務所、サプリメントで暴力は減るか? 3年間追跡調査に着手
  5. 16年度国民医療費、過去最高の32兆1111億円に
  6. 「機能性表示」改善で8項目、規制改革推進会議が答申
  7. NNFA−J、GMPプログラムを新機関に譲渡
  8. 食品安全委、疾病リスク低減特保の評価に着手
PAGE TOP