ヘッドラインニュース

京都府立医大・吉川氏、「メタボロミクス研究でバイオマーカー探索」

CRN JAPANは7日、第44回勉強会を開催、京都府立医科大学教授の吉川敏一氏が「現在、そして将来のいわゆる『健康食品』の機能とその評価法」と題して講演し、メタボロミクス研究で探索した生体内の代謝産物を将来的な機能性評価の対象にすることを紹介した。勉強会には約100人が参加した。→続きは「健康産業速報」第1058号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 坂元醸造、黒酢の抗糖尿作用確認
  2. 「機能性表示」RJ公取協が取組推進
  3. 内科学会など8学会 内臓脂肪症候群の診断基準を発表
  4. アントシアニンで不当表示
  5. 米国CRN、サプリ情報でデータベース ラベル表示や成分など公開
  6. 農芸化学会、28日から札幌で
  7. 都、「健食の法的位置づけ明確化」要求
  8. 厚労省、アガリクス2品の安全性「問題なし」
PAGE TOP