ヘッドラインニュース

京都府立医大・吉川氏、「メタボロミクス研究でバイオマーカー探索」

CRN JAPANは7日、第44回勉強会を開催、京都府立医科大学教授の吉川敏一氏が「現在、そして将来のいわゆる『健康食品』の機能とその評価法」と題して講演し、メタボロミクス研究で探索した生体内の代謝産物を将来的な機能性評価の対象にすることを紹介した。勉強会には約100人が参加した。→続きは「健康産業速報」第1058号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 食品開発展が開幕、「ロコモ」対応が増加
  2. 林原、会社更生手続き開始
  3. 07年輸入通関速報、クロレラ前年割れ
  4. 厚労省、CoQ10のリスク評価を食品安全委に依頼
  5. 米自然食品に“巨人”参入 アマゾン、WFMを1.5兆円で買収
  6. 家計調査3月、健食支出18.5%増
  7. 米農務省、新型フードピラミッドを発表
  8. 消費者委員会、健食制度の検討要求も
PAGE TOP