ヘッドラインニュース

京都府立医大・吉川氏、「メタボロミクス研究でバイオマーカー探索」

CRN JAPANは7日、第44回勉強会を開催、京都府立医科大学教授の吉川敏一氏が「現在、そして将来のいわゆる『健康食品』の機能とその評価法」と題して講演し、メタボロミクス研究で探索した生体内の代謝産物を将来的な機能性評価の対象にすることを紹介した。勉強会には約100人が参加した。→続きは「健康産業速報」第1058号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 近畿2府7県、健康危機発生時の協力協定を締結
  2. CRN-J 新体制が発足
  3. 特定健診制度の開始、都民の6割が「知らない」
  4. TTC、「健康家族のニンニク健食で更年期症状緩和」と発表
  5. NNFA-J、食薬区分改正で説明会開催要求
  6. ファイン、アスタキサンチン健食など3品投入
  7. 厚労省研究班、健食による健康被害実態を調査
  8. 食品安全委、CoQ10問題を議論 上限値設定「困難」との声も
PAGE TOP