ヘッドラインニュース

規制改革要望、特保検査業務の都道府県への委譲求める

 内閣府の規制改革・民間解放推進室は7日、政府が先月受け付けた「特区、規制改革・民間開放集中受付月間」の受付状況を発表した。構造改革特区の提案は279件、全国で実施すべき規制改革・民間開放要望は536件。健康食品関連の規制改革要望では、(社)日本ニュービジネス協議会連合会が「特定保健用食品検査業務の都道府県への委譲」を求めた。→続きは「健康産業速報」第1076号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 大阪府、因果関係不明でも健康被害情報を公表 11月から
  2. 米、サプリ健康被害報告を義務化
  3. 特保審査の都道府県への委譲、厚労省「実現困難」
  4. 健康コーポレーション、アンビシャスに上場へ
  5. 8都県市首脳会議、原料原産地表示の対象拡大を国に要望
  6. TV通販、表示規制を厳格化へ
  7. 厚労省・北島室長、健康博覧会で緊急講演
  8. 日健栄協、安全性自主基準案の一本化へ 専門委を発足
PAGE TOP