ヘッドラインニュース

厚労省研究班 アガリクスの臨床試験開始 安全性・有効性を検証 結果次第で市場に影響も

 金沢大学大学大学院医学系研究科・臨床研究開発補完代替医療学・特任准教授の大野智氏らの研究グループは今月から、アガリクスの安全性評価臨床試験に着手した。試験は、厚生労働省がん研究助成金による研究班「がんの代替療法の科学的検証と臨床応用に関する研究(主任研究者・住吉義光氏)」の一環として、金沢大学と四国がんセンターが共同で実施するもの。→続きは『健康産業速報』第1172号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 都、健食専門委が最終会合 健食の枠組作りにも言及
  2. 日健栄協 葉酸表示で行政に要望書
  3. 中国健康商品市場、7500億円に
  4. 東京都 18年度食品衛生監視計画 健食製造業者の立入調査へ
  5. 機能性表示で特許戦争へ 「用途特許」で出願の動き
  6. 家計調査8月、健食支出2.1%増
  7. 「ルナYBF」設立、ルナ再生計画で 山田養蜂場製品の製造も
  8. 厚労省、特別用途食品制度で通知
PAGE TOP