ヘッドラインニュース

台湾産健食からステロイド検出、岐阜県で健康被害発生

 岐阜県は10日、健康食品の摂取によるものと疑われる健康被害が発生したと発表した。県内在住の80代の女性が、台湾産の「百歩蛇風濕丸(ひゃっぽだふうしつがん)」という健康食品を先月下旬に摂取したところ、全身の浮腫やふらつきなどの健康被害を起こした。この女性は摂取を中止し、岐阜市内の病院に入院して治療を受けており、快方に向かっているという。→続きは『健康産業速報』第1093号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 九州の健康食品市場規模まとまる
  2. 焼津水産、中国に子会社設立 機能性食品素材など製造
  3. 厚労科学研究 新規フラボノイドに抗がん作用 ウーロン茶葉から発見…
  4. 消費者が期待する特保は「疲労回復」「花粉症」 健食懇が報告
  5. 経産省、健康サービスで認証制度
  6. くまもとテクノ産業財団、九州に健食受託機関を設立
  7. 「農業力」議連が設立準備会 テーマに「機能性食品への活用」
  8. 国セン 主婦対象に意識調査
PAGE TOP