ヘッドラインニュース

IFT、14日までニューオリンズで 「ダイジェスティブヘルス」台頭

【健康産業速報1537号トップニュース】米国最大の食品素材見本市「IFT」が11~14日、ニューオリンズで開催され、1000社近くが出展した。今回の出展製品にみられる食品開発トレンドは、「おいしく食べられる減塩化の追求」「より一層の天然志向」「満腹感の得られるダイエット食品の提案」「ダイジェスティブヘルス機能への関心の高まり」――など。(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆抗酸化サプリで意識調査、消費者の5割が「利用したい」
◆国立栄研の健食情報サイト、認知度4割程度
◆4月の健食通販、売上6.8%減
他ニュース多数!

関連記事

  1. 岐阜県生物工学研究所等、青柿の機能解明 特保への応用も視野
  2. イソフラボンで大規模追跡調査、肺がんリスクが低下
  3. 東北地方太平洋沖地震 宮城県、日健栄協に支援要請
  4. NIH、サプリ年鑑にイチョウやエキナセアなど収載
  5. 家計調査 平成16年・健食月額支出
  6. 農水省、食品の疾病予防効果解明へ
  7. 経産省、改正特商法の解釈通達
  8. 規制改革要望、特保検査業務の都道府県への委譲求める
PAGE TOP