ヘッドラインニュース

規制改革推進会議 食薬区分、運用見直し検討 オリザノール等の扱いに注目

長らく健康食品産業を規制してきた「食薬区分」の運用をめぐり、見直し議論が スタートする。規制改革推進会議の医療・介護ワーキング・グループ(座長一桜坂 法律事務所・林いづみ弁護士)は19日の会合で、「食薬区分の運用にかかる見直し」 を今期の審議事項とすることを決めた。「医薬品リスト」収載成分が機能性表示食 品制度の対象外となることを踏まえた見直しを検討する。機能性表示など、数々の 規制改革を実現させてきた同会議が、次は食薬区分を議論の狙上に載せる。

厚生労働省が所管する食薬区分は、植物由来成分、動物由来成分、化学物質など を「医薬品リスト」または「非医薬品リスト」に分類するもの。「医薬品リスト」 にはタウリンやグルタチオン、y -オリザノールなど、食品に含まれる成分も多数 収載されている。

同 W G では、「医薬品リスト」収載成分について、生鮮食料品に含まれているものでも「一律に機能性表示食品制度の対象外とされ、機能性をうたうことが認めら れていない」と指摘。合理的・実効性のある見直しを検討することを決めた。「規制改革ホットライン」では日本バイオ産業人会議が昨年日月、y -オリザノールを例示したうえで…

続きは紙面(2017年9月22日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. 食品安全委、CoQ10上限値で議論紛糾
  2. CRN‐J、コンドロイチンで部会発足
  3. 09年の通販購入商品、健食は21.7%
  4. 「PHR」システム、健康サービスでサプリ提供
  5. 厚労省、妊産婦対象の食生活指針 葉酸の栄養機能食品を推奨
  6. 議連・健食問題研究会 抗加齢でサプリに期待 坪田教授と意見交換
  7. 農水省の地域おこし事業、機能性食品の販路拡大支援
  8. 50代の2割がサプリ摂取、厚労省が初の中高年者縦断調査
PAGE TOP