バックナンバー

特定保健用食品関与成分の市場動向―各社の動き

世界に先がけ個別審査・評価で食品にヘルスクレイムを認めた制度として注目される特定保健用食品。上限値・下限値の安全値を保証することで特定の栄養素のクレイムを表記できる規格基準型の栄養機能食品。いずれも世界的な健康志向食品に対する関心の高まりの中で、動向が注目されている。
本特集では、市場導入されてから約10年が経過した特定保健用食品の現状と今後、また第2弾の規格基準作りが進んでいる栄養機能食品の今後についてみていく。
特定保健用食品関与成分の市場動向―各社の動き
 オリゴ糖/食物繊維/乳酸菌/たん白・ペプチド/ミネラル
 ポリフェノール・イソフラボン/など


●注目の企業
サントリー
日新カップ
日本化薬フードテクノ
フジッコ
明治製菓
・ジェイティーフーズ
ヤクルト薬品工業

関連記事

  1. 7月号特集 食品と脳機能(「フード・フォラム・つくば」より)
  2. 保健機能食品・病者用食品の開発
  3. 美容食品素材の開発と利用
  4. 9月号特集 注目の食品加工技術
  5. 次世代型食品の開発と展望(「フード・フォラム・つくば」より)
  6. 【2015年10月号・特集】健康長寿を目指したこれからの食品開発…
  7. 食品のトレーサビリティシステム確立を目指して
  8. 食品・健康素材

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP