未分類

高度化する食品産業の粉粒体技術

粒体技術は今日、食品開発にとって欠かすことのできない最重要技術のひとつとして浸透している。特に近年は素材の複合化、微粉化、多種多様な粒子に特性を与える微粒子設計技術など、高度な技術が要求され、医療、ファイン化学分野からの技術導入も進んでいる。
食品工場および粉体工場ではHACCP/GMPの導入も進んでいるものの、品質安定のためには、粉塵から異物混入問題に至るまでクリアすべき課題は多い。このため、粉体装置メーカーに対してもこれらの課題への対応が迫られている。本稿では、こうした現状を踏まえ、粉粒体技術の最新動向を紹介する。


●注目の企業1
日清エンジニアリング
奈良機械製作所
増幸産業
槇野産業
・伊藤製作所
大川原化工機
岡田精工
フロイント産業
深江パウテック

●注目の企業2
ラサ工業
菅俣粉体工業
セイシン企業
マイクロフーズ・ジャパン
(株)パウレック
オオサワ&カンパニー

関連記事

  1. 食品添加物をめぐる最新動向 シリーズ8
  2. クローズアップ
  3. クロマト分析技術の最新動向
  4. 【9月号】食品工場用潤滑剤の最新動向
  5. クローズアップ
  6. 【特別レポ】可食性インキの開発と利用
  7. 【支援技術】混合・撹拌、乳化・分散装置の開発動向
  8. 海外開発トピックス

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP