食品素材の記事

脳機能改善作用をもつブルーベリー&グレープ混合物

東洋サイエンスでは、認知機能改善に効果のあるカナダ産ワイルドブルーベリーとフランス産ブドウポリフェノールの混合パウダー「ニューロフェノール」を発売した。

ワイルドブルーベリー由来のプロアントシアニジン、フェノール酸(クロロゲン酸)とブドウ由来のフラボノイド(エピカテキン、カテキン)、スチルベン、レスベラトロールなどが含まれ、両者のポリフェノールの相互作用で生体利用率が上昇することが確認されている。

カナダで行われた臨床試験では、60~70歳の200名の健康な人を対象に6か月間、300mgのニューロフェノールを摂取してもらった結果、短期記憶や情報の読み出し能力が改善。言語記憶や新たな学習能力への効果も期待できたという。

この結果を遺伝子発現の観点から動物試験で検証したところ、神経成長因子とカルシウムカルモジュリン依存性タンパク質キナーゼ(CaMKⅡ)のmRNA量が増加。神経成長因子はコリン作動性ニューロンから海馬や空間記憶の神経で発現。CaMKⅡは学習や記憶に関する様々なシグナルカスケードに関わっており、通常年齢とともにCaMKⅡの発現量は減るが、ニューロフェノール摂取により発現量は上層したという。

関連記事

  1. オリザ油化、シワ改善機能をもつ「フィトレチノール™」を上市
  2. オリザ油化、「菊の花エキス」の尿酸値低下作用で機能性表示食品への…
  3. 体脂肪減少に役立つアマチャヅル抽出物発売
  4. ナノ型乳酸菌nEF®のノロウイルス感染防御作用を確認
  5. 沖縄産の5種類のフルーツを配合した原料の供給を開始
  6. 日成共益、乳や植物性など各種タンパク素材を揃え、総合タンパク事業…
  7. コンビ、ヒト試験で殺菌乳酸菌EC-12が口臭を低下させたデータを…
  8. オリザ油化、米国における臨床試験で紫茶の運動機能向上作用を確認

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP