食品素材の記事

脳機能改善作用をもつブルーベリー&グレープ混合物

東洋サイエンスでは、認知機能改善に効果のあるカナダ産ワイルドブルーベリーとフランス産ブドウポリフェノールの混合パウダー「ニューロフェノール」を発売した。

ワイルドブルーベリー由来のプロアントシアニジン、フェノール酸(クロロゲン酸)とブドウ由来のフラボノイド(エピカテキン、カテキン)、スチルベン、レスベラトロールなどが含まれ、両者のポリフェノールの相互作用で生体利用率が上昇することが確認されている。

カナダで行われた臨床試験では、60~70歳の200名の健康な人を対象に6か月間、300mgのニューロフェノールを摂取してもらった結果、短期記憶や情報の読み出し能力が改善。言語記憶や新たな学習能力への効果も期待できたという。

この結果を遺伝子発現の観点から動物試験で検証したところ、神経成長因子とカルシウムカルモジュリン依存性タンパク質キナーゼ(CaMKⅡ)のmRNA量が増加。神経成長因子はコリン作動性ニューロンから海馬や空間記憶の神経で発現。CaMKⅡは学習や記憶に関する様々なシグナルカスケードに関わっており、通常年齢とともにCaMKⅡの発現量は減るが、ニューロフェノール摂取により発現量は上層したという。

関連記事

  1. ウコン抽出物の変形性膝関節症とNASHへの有効性試験
  2. デュポン、ビフィズス菌B420の体脂肪低減効果の研究成果を発表
  3. 加熱調理できる高濃度DHA/EPAパウダーを本格販売
  4. ホップの芳香、風味を強調できるエキスを開発
  5. 香料物質7品、新規指定に向け審議へ
  6. ウイスキー風味やブランデー風味を付与できるオーク抽出物
  7. 東洋新薬、食品開発展にてSR完了のターミナリアベリリカやOEMを…
  8. 守田化学工業とAvansyaが次世代のステビア甘味料「レバウディ…

おすすめリンク先

PAGE TOP