食品素材の記事

ミニブック発行で「トレハ」の和食での利用を推進

林原では糖質調味料「トレハ」(トレハロース)を和菓子・洋菓子だけでなく食品・料理に幅広く利用提案を行っており、このたび和食への利用推進を狙い、和食料理人向けミニブック『TREHA® BOOK -和食編-』を8月28日に発行した。

和食料理人向けのミニブックで、トレハとは何か、安全性や効果など、“トレハのいろは”を紹介するとともに、料理にどのように使用するかといったポイントについて、日頃からトレハを使いこなしている日本を代表する料理人と、トレハを初めて使う若手料理人の双方の視点からの解説が掲載されている。(14ページ・オールカラーの非売品)

なお、11月16日(木)には、同社が主催する「第21回トレハロースシンポジウム」が開催される。トレハロースについて様々な角度からの研究成果が発表されるため、トレハロースに関する知識を深める事ができる。参加無料。
詳しくは⇒ https://www.hayashibara.co.jp/data/1331/news_tp/

関連記事

  1. 鶏プラズマローゲンの認知機能改善で新知見―丸大食品
  2. アークレイ、3種のハーブを含有した抗糖化向け素材「サトナシール」…
  3. 三菱商事ライフサイエンスの焼きあごだし 三菱商事ライフサイエンス、「だし本番® 」シリーズに焼きあごだし…
  4. IHM、粉末タイプのプラズマローゲンを販売開始
  5. 脳機能改善作用をもつブルーベリー&グレープ混合物
  6. コラーゲンペプチドを「トータルロコモ」素材として提案
  7. 小腸での栄養成分の吸収向上機能を持つ「アストラジン」
  8. 日成共益、ソーマチン製剤の日本市場へ

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP