食品素材の記事

スパイスで認知症予防を考える
―ウコン由来ターメロン、ゴマ由来セサミン、セサモリン

認知症の中でも患者数の最も多いアルツハイマー型認知症は、その発症の10~20年前から脳内に老人斑といわれる異常たんぱく質の凝集体が生成することから始まり、次いで脳神経細胞の壊死が進行し症状が発症するといわれている。

予防のコンセプトとして稲畑香料では、様々な機能が期待されるスパイスから老人斑生成に関与する酵素(β-セクレターゼ)活性を阻害する作用を探索し、ウコンおよびゴマより有効成分を同定した。またこれらの成分は、マウス経口投与実験において酵素の作用点である脳に到達していることを確認。よってこれら成分を壮年期より日常食生活に取り入れることで認知症の予防が期待できるとした。

同社では、サプリメント原料として利用できる形態として、ターメロン類40%以上、セサミンおよびセサモリンを各5%以上と高濃度に規格化した混合オイルを新たに認知症予防およびアンチエイジング素材として上市した。

関連記事

  1. オリザ油化、米国における臨床試験で紫茶の運動機能向上作用を確認
  2. オリザ油化、アグアヘエキスの前立腺肥大抑制作用を新たに確認―女性…
  3. B&Gジャパン、発酵ベースの調味素材を日本市場へ
  4. 日本人女性による試験で便秘や肌状態の改善結果を得た「乳酸菌20種…
  5. 流動性、直打性、安定性の高い高濃度ルテイン粉末を上市
  6. ライコレッド、リコピンについて学べる「リコペディア」開設
  7. 筋量増加が示唆された卵白たん白
  8. ルテインと脳機能の関連―DSM、ルテインセミナー開催

おすすめリンク先

PAGE TOP