食品素材の記事

旭化成、結晶セルロース「セオラス®」など値上げへ

旭化成は、結晶セルロースおよびアルファー化澱粉の全製品について、9月1日の出荷分からキロ当たり60円の値上げを実施する。物流費やユーティリティ費用を筆頭とする販売諸経費や製造、品質の確保に関わるコスト負担増など総合的なコスト上昇分について、現状の価格で吸収することが困難と判断した。同製品の価格改定は8年振り。

今回、価格改定となる製品は、「セオラス®」および「セルフィア®」ブランドの結晶セルロース全製品と、アルファー化澱粉「PCS®」および「SWELSTAR®」ブランドの全製品。食品の安定剤等に利用されるコロイダルグレードの「セオラス®」製品も対象となる。総合的なコスト上昇の局面は、当面継続することが予想され、安全・安心な製品を安定供給するための製造設備の維持・更新についても多額の投資が必要と判断、値上げに踏み切ることとなった。

結晶セルロースは、繊維性植物からパルプとして得たα-セルロースを酸で部分的に解重合し、精製したもの。機能・品質に優れ、独自の粉体技術を駆使した結晶セルロース「セオラス®」、「セルフィア®」は医薬品、食品、工業、化粧品など幅広く利用されている。

関連記事

  1. サントレック、たん白素材として注目される食用コオロギ粉末を販売
  2. 睡眠改善機能をもつカジメ抽出物
  3. コラーゲン修復を促進する「ドラコベルNu」
  4. 沖縄産の5種類のフルーツを配合した原料の供給を開始
  5. 温活素材「ジンジャーエキス」透明タイプ発売―池田糖化工業
  6. 東洋新薬、東京大学との連携 第二弾 ―『大麦若葉エキス末』が骨格…
  7. サンエフ、マコモ抽出物を“飲む抗しわ素材”として提案
  8. 高品質な八雲産風化貝カルシウムの機能性を訴求

おすすめリンク先

PAGE TOP