食品素材の記事

日清ファルマ、ポリアミン酵母など新素材2品を参考出展

日清ファルマは先日行われた食品開発展(10/4~6)に新素材「ポリアミン酵母」と「CoQ1080%含有水溶化粉末」の参考出展をした。

ポリアミンはアミノ基をもつ物質で、体内にも存在するが加齢により生合成量が減少することが解明されており、アンチエイジングに関する様々な作用、機能が報告されている。同社では酵母のスクリーニングでポリアミン含量0.3%以上の高含有種を選抜し、安全性試験を行った後、骨量低下抑制について動物試験を行い良好な結果を得ている。

一方、CoQ10の水溶化粉末はこれまでも40%含有品を販売しているが、今回80%の高含有化に成功。水への分散性に優れ、流動性、安全性も良く、添加量が少量で済むところがポイント。

関連記事

  1. 鶏プラズマローゲンの認知機能改善で新知見―丸大食品
  2. アジアで伸長するコスクラ社のイヌリンとエンドウ豆たん白
  3. 国内酵母ビジネスの先駆け 三輪製薬がミネラル酵母の可能性に期待
  4. グルコサミンで膝関節の可動性をサポート
    プロテインケミカル…
  5. 国内製造のβ-アラニンを本格展開へ
  6. 流動性、直打性、安定性の高い高濃度ルテイン粉末を上市
  7. アメリカ産フレッシュブルーベリーの生産は良好に推移
  8. イングレディオン、米由来の加工でん粉をフィリング等に提案

おすすめリンク先

PAGE TOP