技術・機器の記事

簡単に食品解析が行えるハイパースペクトルカメラ発売

フィンランドの光学機器メーカー、Specim,Spectral Imaging社の国内販売代理店を務めるデルフトハイテックは、Specim,Spectral Imaging社が開発したハイパースペクトルカメラ「SPECIM IQ」の国内販売を開始した。

SPECIM IQは、一般的なカメラと同じように解析対象物を撮影すれば、簡単にそのハイパースペクトルデータ(400~1,000nm)を取得することができる。カメラのサイズが207(幅)×91(高さ)×74(奥行)mmで重さも1.3kgとコンパクトかつ軽量なハンディタイプのため、持ち運びしやすく、様々な場所での使用が可能。本体には、分光光学系とスキャナ機構が搭載されており、タッチスクリーンパネルでデータ取得状況を確認しながら確実にハイパースペクトルデータを入手することができる。可視化処理用およびモデル作成用のデータ専用解析ソフトウェア「IQ Studio」も付属しており、購入後すぐに使える点も魅力だ。

SPECIM IQの用途は、食品解析や植生研究、美術品解析、医学・生態研究、犯罪捜査など幅広い。デルフトハイテックは、こうした用途範囲を踏まえ、主に企業の研究開発部門や官公庁の各種研究開発機関、学校関係の研究開発室にSPECIM IQを売り込む。

関連記事

  1. 嚥下困難者用食品やユニバーサルデザインフード対応レオメーター
  2. 洗浄力を落とさずに最大節水率95%を実現する節水ノズル
  3. 電解水セミナー HACCP制度化とJIS規格制定で普及拡大に弾み…
  4. ファインバブル技術用語ISOで規格化 「ナノバブル」使わず
  5. 高濃度・高粘度での大流量循環運転が可能なムゲンフロー®を初披露
  6. MORESCO 従来にない極小サイズのナノ化を実現~機能性成分の生体利用率向上
  7. 監視機能搭載の温度・湿度・衝撃測定可能な新型ウォッチロガー
  8. HACCP機能を搭載した防水型デジタル温度計を発売―佐藤計量器製…

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP