技術・機器の記事

簡単に食品解析が行えるハイパースペクトルカメラ発売

フィンランドの光学機器メーカー、Specim,Spectral Imaging社の国内販売代理店を務めるデルフトハイテックは、Specim,Spectral Imaging社が開発したハイパースペクトルカメラ「SPECIM IQ」の国内販売を開始した。

SPECIM IQは、一般的なカメラと同じように解析対象物を撮影すれば、簡単にそのハイパースペクトルデータ(400~1,000nm)を取得することができる。カメラのサイズが207(幅)×91(高さ)×74(奥行)mmで重さも1.3kgとコンパクトかつ軽量なハンディタイプのため、持ち運びしやすく、様々な場所での使用が可能。本体には、分光光学系とスキャナ機構が搭載されており、タッチスクリーンパネルでデータ取得状況を確認しながら確実にハイパースペクトルデータを入手することができる。可視化処理用およびモデル作成用のデータ専用解析ソフトウェア「IQ Studio」も付属しており、購入後すぐに使える点も魅力だ。

SPECIM IQの用途は、食品解析や植生研究、美術品解析、医学・生態研究、犯罪捜査など幅広い。デルフトハイテックは、こうした用途範囲を踏まえ、主に企業の研究開発部門や官公庁の各種研究開発機関、学校関係の研究開発室にSPECIM IQを売り込む。

関連記事

  1. 衛生面に配慮した非接触センサー採用のNonタッチタイマー
  2. 帳票ペーパーレス化で業務効率を向上
    HACCP支援のWeb…
  3. 洗浄力を落とさずに最大節水率95%を実現する節水ノズル
  4. 製品液同士での熱交換を可能にした熱再生型シェル&チューブ熱交換器…
  5. オゾン殺菌効果で室内における感染リスクを低減
  6. 回転型通気乾燥装置が高品質乾燥製品の加工で評価高める
  7. 生産計画・実績管理システムの提案を加速ーセイノー情報サービス
  8. 非接触・非破壊で硬さ(柔らかさ)の見える化を実現

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP