技術・機器の記事

簡単に食品解析が行えるハイパースペクトルカメラ発売

フィンランドの光学機器メーカー、Specim,Spectral Imaging社の国内販売代理店を務めるデルフトハイテックは、Specim,Spectral Imaging社が開発したハイパースペクトルカメラ「SPECIM IQ」の国内販売を開始した。

SPECIM IQは、一般的なカメラと同じように解析対象物を撮影すれば、簡単にそのハイパースペクトルデータ(400~1,000nm)を取得することができる。カメラのサイズが207(幅)×91(高さ)×74(奥行)mmで重さも1.3kgとコンパクトかつ軽量なハンディタイプのため、持ち運びしやすく、様々な場所での使用が可能。本体には、分光光学系とスキャナ機構が搭載されており、タッチスクリーンパネルでデータ取得状況を確認しながら確実にハイパースペクトルデータを入手することができる。可視化処理用およびモデル作成用のデータ専用解析ソフトウェア「IQ Studio」も付属しており、購入後すぐに使える点も魅力だ。

SPECIM IQの用途は、食品解析や植生研究、美術品解析、医学・生態研究、犯罪捜査など幅広い。デルフトハイテックは、こうした用途範囲を踏まえ、主に企業の研究開発部門や官公庁の各種研究開発機関、学校関係の研究開発室にSPECIM IQを売り込む。

関連記事

  1. 油脂分解機能に優れた環境浄化バイオ製剤でSDGsの達成にも貢献
  2. IoT 時代にふさわしい安全性と利便性を追求した「ワイヤレスデー…
  3. ウエノフードテクノ、食品に貼りつきにくいアルコール揮散剤「ETパ…
  4. プラグ、消費者のパッケージデザイン好意度をAIで予測
    パ…
  5. 品質管理ITシステムに新機能追加―業務の効率化を推進
  6. ニレコ、デスクトップ型「近赤外分析計A8850」の販売を開始
  7. 飛来虫侵入防止効果を高めたシートシャッターの受注加速
  8. 微酸性次亜塩素酸水を活用した青果・野菜類活性化装置

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP