技術・機器の記事

簡単に食品解析が行えるハイパースペクトルカメラ発売

フィンランドの光学機器メーカー、Specim,Spectral Imaging社の国内販売代理店を務めるデルフトハイテックは、Specim,Spectral Imaging社が開発したハイパースペクトルカメラ「SPECIM IQ」の国内販売を開始した。

SPECIM IQは、一般的なカメラと同じように解析対象物を撮影すれば、簡単にそのハイパースペクトルデータ(400~1,000nm)を取得することができる。カメラのサイズが207(幅)×91(高さ)×74(奥行)mmで重さも1.3kgとコンパクトかつ軽量なハンディタイプのため、持ち運びしやすく、様々な場所での使用が可能。本体には、分光光学系とスキャナ機構が搭載されており、タッチスクリーンパネルでデータ取得状況を確認しながら確実にハイパースペクトルデータを入手することができる。可視化処理用およびモデル作成用のデータ専用解析ソフトウェア「IQ Studio」も付属しており、購入後すぐに使える点も魅力だ。

SPECIM IQの用途は、食品解析や植生研究、美術品解析、医学・生態研究、犯罪捜査など幅広い。デルフトハイテックは、こうした用途範囲を踏まえ、主に企業の研究開発部門や官公庁の各種研究開発機関、学校関係の研究開発室にSPECIM IQを売り込む。

関連記事

  1. 二酸化塩素の業務用クレベリン定額販売開始
  2. FDA CFR Part113 対応デジタル式温度表示計水銀温度…
  3. 固形物入り高粘度液体に最適な新型充填ノズル搭載
  4. 被験者に依らない再現性のある食物の咀嚼評価を実現
  5. 帳票ペーパーレス化で業務効率を向上
    HACCP支援のWeb…
  6. ファインバブル技術用語ISOで規格化 「ナノバブル」使わず
  7. 機能性素材の研究・開発を迅速にサポート
  8. HACCP機能を搭載した防水型デジタル温度計を発売―佐藤計量器製…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP