食品素材の記事

新規抗ロコモ素材「NEM®」本格販売―アスク薬品

アスク薬品はこのほど、即効性で体感のある新規関節素材、卵殻膜酵素分解ペプチド「NEM®」の本格販売を開始した。

「NEM®」は、鶏由来の卵殻から物理的方法(特許製法)で分離した卵殻膜を原料に、酵素分解によりペプチド化した素材。米国で07年に上市されて以来、関節の抗炎症や鎮痛、軟骨の保護に関して09年から7件のヒト臨床試験が行われており、世界では10年間で5億食の販売実績を有する。昨年米国で健常者を対象にしたRCT試験が行われ、NEM®群に運動負荷試験における関節の痛みとこわばりの有意な改善、軟骨代謝マーカーであるCTX-Ⅱ尿中濃度の有意な低減が報告されている。

卵殻膜は日米両国の動物検疫基準に合格した卵工場から取得しており、万全なトレーサビリティ体制を敷く。米国食品GMP取得工場での工程管理で生産し、日本の検疫基準に適合。品質規格については、日本の食品基準に適合している。ヒト推奨量は500mg/日で安全性も確認している。同社では新規抗ロコモ素材として安定供給も可能なことから、スポーツや中高年向け、女性向けに幅広く提案していく意向だ。

関連記事

  1. 日本人女性による試験で便秘や肌状態の改善結果を得た「乳酸菌20種…
  2. プロテオグリカンが「肌弾力の維持」で機能性表示食品の表示が可能に…
  3. 守田化学工業とAvansyaが次世代のステビア甘味料「レバウディ…
  4. 太陽化学、モリンガ種子抽出物の抗疲労効果を検証
  5. アルコールと動物由来原料不使用のフレーバー
  6. 希少糖プシコース「ASTRAEA」を全国発売
  7. 植物性ナノ型乳酸菌SNKの抗ストレス作用を確認
  8. エクセルバイト社、EVNol SupraBio™がNGFに関与す…

おすすめリンク先

PAGE TOP