食品素材の記事

高い生体利用効率が期待される水溶性フラボノイド含有レモンエキス発売

東洋サイエンスではスペインの大手植物抽出メーカーEUROMED社の水溶性レモン果実エキス末「ウエルレモン」を発売する。

スペイン産レモン果実から完全水抽出で作られたエキス末で、水溶性フラボノイドであるエリオシトリンを規格成分としている。エリオシトリンは類縁物質であるオレンジに含まれるヘスペリジンに比べ生体での利用効率が高いことが報告されている。

機能性としては酸化ストレスに対する高い防御効果、血管系の健康維持、肌の柔軟性サポートなどが期待できる。10月12~14日開催の「食品開発展2022」で素材のお披露目をする予定。

※食品開発展についてはこちらをご覧ください。
https://www.hijapan.info/

関連記事

  1. セティ、乳酸菌「LGG®」をサプリメント用に提供開始
  2. BASFジャパン、体内の吸収量を大幅に高めた新ルテイン製剤上市
  3. 太陽化学、水溶性ヘスペレチン-7-グルコシド製剤の冷えによる血流…
  4. 吸うと痩せる? ウコン精油由来の機能性素材開発
  5. 卵殻膜ペプチドNEM®の変形性膝関節症に対する有効性の論文が学術…
  6. 鶏プラズマローゲンの認知機能改善で新知見―丸大食品
  7. 不二製油、大豆たん白製品の価格改定を発表
  8. 鶏ムネ肉プラズマローゲン摂取による認知機能低下予防作用を発表

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP