食品素材の記事

消費者庁、グリーンコープ連合に景表法違反で措置命令

消費者庁は27日、生活協同組合連合会グリーンコープ連合に対し、同連合会が供給するウインナーソーセージに係る表示について、優良誤認に該当する景品表示法に違反する行為あったと認定し、措置命令を行った。

同連合会が組合員向けに発行するカタログ「GREEN」において、化学的な合成添加物を一切使用せずに製造されたものであるかのように示す表示をしていたにもかかわらず、実際は羊腸をリン酸三ナトリウム溶液に漬けて加工されていたことが明らかとなったもの。消費者庁では、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示すものである旨を確認するとともに再発防止策を講じるよう命じている。

グリーンコープ連合の話によると、ウインナーのケーシングに使われる羊腸について、これまで塩水処理したものを利用してきたが、昨年3月29日に委託先の畜肉加工メーカーがリン酸三ナトリウム溶液で処理していた羊腸を使用していたことが判明、翌日の製造分から塩水処理のものに切り替え、同年5月1日に消費庁に自主的に申し出たという。

リン酸三ナトリウムはケーシング処理施設の一部において、滑りをよくしてソーセージ充填装置への装着性を向上させるために経験的に利用されており、麻布大学獣医学部動物応用科学科食品科学研究室の坂田亮一教授の研究においても、ケーシングの軟化効果や殺菌効果が確認されている。

グリーンコープ連合ではリン酸塩の使用に関する総量規制を行っており、本件の措置命令に対し、ウインナーに関する従来通りの表示ができるよう製造と表示内容の同一性を確認し再発防止策を示したうえで、消費者庁に文書で報告するとしている。

関連記事

  1. マキベリーエキス「Delphinol®」の骨粗鬆症改善に関する新…
  2. BASF、天然バニリンなど世界の天然香料市場に参入
  3. DKSHジャパン、はじけるキャンディーのバルク供給を開始
  4. 減塩―つけすぎない工夫も大事
  5. ミニブック発行で「トレハ」の和食での利用を推進
  6. 注目の4素材について講演―食品新素材研究会
  7. 加熱調理できる高濃度DHA/EPAパウダーを本格販売
  8. 清水化学、顆粒タイプのグルコマンナン100%製品をラインアップ

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP