食品素材の記事

ライコレッド、リコピンについて学べる「リコペディア」開設

イスラエルの天然カロテノイド原料メーカーであるライコレッド(Lycored)社は25日、トマトなどに含まれる生理活性成分リコピンについて学べる日本語の百科事典サイト「リコペディア」(http://www.lycored.com/japan-lycopedia/)を開設した。

リコペディアは、リコピンが生涯を通してどのように体にプラスの影響をもたらしていくのか、わかりやすい図や表を交えて紹介したサイト。胎児期、青年期、壮年期、老年期と人生の各ライフステージにどのようにリコピンが健康をサポートするか可視化しているのがサイトの特徴である。

胎児期では、リコピンは幼い子供の繊細な肌細胞を紫外線から守る光保護機能として働く。青年期では激しい運動で発生する活性酸素による細胞の損傷を防御する、紫外線から肌を守る、健康な精子の生存能力や活動を助ける、といった効果をもたらす。また、壮年期・老年期では、酸化LDLコレステロール低下作用に伴う疾病リスクの低減、眼の健康、閉経後女性の骨粗鬆症予防、男性の前立腺肥大予防に役立つなど具体的な健康サポート例について紹介している。

ライコレッド社は、95年にイスラエルで設立されたトマト由来のリコピンなどを手掛ける原料メーカー。
①健康強化のための成分開発
②着色料開発③味覚と食感改善のための材料開発
④栄養素強化のための配合法開発
に分けて事業を行っており、イギリス、イスラエル、ウクライナに生産拠点を保有している。日本では、代理店を通じてトマト由来リコピンやマリーゴールド由来ルテイン、発酵法のβ-カロテンなどを原料販売している。

関連記事

  1. BGG Japan、ノコギリヤシエキスを年内に供給開始予定
  2. スパイスで認知症予防を考える
    ―ウコン由来ターメロン、ゴ…
  3. 林原、消費者向け製品発売―第1弾として「ファイバリクサ®顆粒」を…
  4. 香料物質7品、新規指定に向け審議へ
  5. 稲畑香料、ルテインとゼアキサンチン含む高濃度タイプ原料を上市へ
  6. 一般食品への採用が急伸「シールド乳酸菌®M-1」
  7. アメリカ産フレッシュブルーベリーの生産は良好に推移
  8. 植物エストロゲン成分を含んだ新素材「アグアヘエキス」

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP