関連トピックス

ドイツでHi Europe 2018 開催、Fiber(食物繊維)に注目集まる

11月27~29日、ドイツのフランクフルトで、Hi Europe 2018が開催された。Hi Europe(HiE)は2年に一度開催される機能性素材・健康素材の展示会で、世界の主要素材メーカーのほとんどが出展している。

●注目されるFiber
今回、最も頻繁に目にしたのが「Fiber(ファイバー、食物繊維)」という言葉。Fiberは、整腸効果やダイエット効果、ナチュラル原料などを連想するようで、ヨーロッパでは大変注目を集めており、コスクラ社のイヌリンをはじめ多数の企業がFiberと絡めた製品を展開していた。

世界のマーケティング調査会社のMintel社によると、今年、米国でFDAがエビデンスをもとにした“Dietary Fiber”の定義とガイダンスを示したことにより、その影響で「自社のFiberはエビデンスに基づいた本物のFiberである」というような提示をする企業が増え、Fiberブームがきているのではないかということだった。Mintel社は今年のFiberの伸びは20%を超えると予想していた。

●スポーツニュートリションの多角的な提案
出展製品では米国同様にスポーツニュートリション関連の素材が多かった。アスタキサンチン、プロテインをはじめ、コラーゲンもスポーツニュートリションとして取り上げられていた。コラーゲンの人気は高く、ルスロなど欧州企業のほか中国系の企業の出展もあり、スポーツ後の関節の回復などが提案されていた。また、スポーツニュートリションの中でも、アスリート向け、ベジタリアン向け、高齢者向けなど対象別の訴求があり、プロテイン素材としても、ホエイ、大豆、エンドウ、ライス、カボチャなどが展示されていた。

そのほか、オメガ3などの脳機能関連の素材や免疫関連、プロバイオティクス、ステビアやラカンカ、ソーマチンなど砂糖代替品、ベリー系素材、ウコン、ジンジャー、チアなどのスーパーシード関連素材が多く、ヘンプオイルやCBDオイルは出展社数が増えてきているようだ。

●増える出展企業と来場者
今回の出展社数は520社(公式発表ではない)、来場者数は約10,000人(同)と、どちらも前回開催(2016年)よりも増加しました(前回は480社、8677人)。47か国から出展があり、EU以外の出展社は246社、うち中国が半数以上(157社)を占めた。日本からは4社、ハナマルキ、日本生物.科学研究所、金秀バイオ、森下仁丹が出展した(現地法人としては、あいや、協和発酵バイオ、太陽化学)。パビリオンは、各国のパビリオンに加え、オーガニックパビリオン、オメガ3パビリオン、初出展社パビリオン、「~フリー」を強調したフリーパビリオンなどが設置されていた。

次回は、2020年12月1~3日にドイツ・フランクフルトで開催の予定。

関連記事

  1. えごま油の機能性研究で麻布大学に「機能性脂質学研究室」を開設
  2. 委託先処理状況の確認義務違反で食品廃棄物等排出事業者名の公表
  3. 太陽化学、SINALCO、SWEETHOUSEがアプリケーション…
  4. デュポン N&H、アルギン酸事業をJRS Groupに…
  5. ヘスペリジン研究会、生鮮柑橘類や育種・生産者を取り込み広い視野で…
  6. 新規指定に向け殺菌料「二炭酸ジメチル」の安全性を評価
    ―食…
  7. キユーピータマゴとカナエフーズが12月に合併
  8. 国際汎用添加物、未指定3品の取組中断を公表

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

より付加価値の高い製品開発に―日本ウォーターズ株式会社
PAGE TOP