食品素材の記事

オリザ油化、紫茶エキスとマキベリーエキスに、AGEs産生抑制とAGEs分解作用のW糖化ストレス改善作用を発見

オリザ油化では、抗糖化素材として「桜の花エキス」を国内外に販売しており、美容訴求の食品・化粧品に多く採用されているが、さらに同社素材のうち「紫茶エキス」と「マキベリーエキス(Delphinol)」についても抗糖化作用が調べられたことから、抗糖化機能を有する素材として改めて紹介していく。試験では、AGEs産生抑制作用とAGEs分解作用のWの効果で糖化ストレス改善ができることを明らかにしている。

AGEs産生抑制作用としてグルコースとアルブミンの混液に、「紫茶エキス」と「マキベリーエキス(Delphinol)」をそれぞれ添加して評価したところ、「マキベリーエキス(Delphinol)」の高濃度添加群(100µg/ml、300µg/ml)において対照群よりも強いAGEs産生抑制作用を示すことを新たに確認。紫茶エキスでも高濃度添加群(300µg/ml)で強い活性を示すことが明らかとなった。

一方、AGEsの分解作用についても「紫茶エキス」、「マキベリーエキス(Delphinol)」において確認。AGEs 架橋に特徴的な「α-ジケトン構造」を有する1-phenyl-1,2-propanedione (PPD) をAGEs 架橋モデル化合物として使用し、サンプルを添加してAGEs架橋の分解能を測定した結果、AGEs 架橋切断活性を持つ化合物として知られるN-Phenacylthiazolium bromide (PTB) よりも強いAGEs 架橋切断活性を「紫茶エキス」3mg/ml、5mg/ml添加群で示し、「マキベリーエキス(Delphinol)」でも5mg/ml添加群でPTBと同等の活性を示した。

これにより、「紫茶エキス」や「マキベリーエキス(Delphinol)」は、AGE産生抑制作用および分解作用の両方の作用を持ち合わせることが明らかとなった。同社では抗糖化作用に関する特許も出願した。

関連記事

  1. CBC、コスクラ社のエンドウたん白を日本市場で本格展開
  2. 沖縄産の5種類のフルーツを配合した原料の供給を開始
  3. 月刊『食品と開発』1月号には食物繊維の企画を掲載しています
  4. 栄養強化に特化した卵白素材「EAP-sport PLUS」
  5. サンエフ、マコモ抽出物を“飲む抗しわ素材”として提案
  6. 池田糖化工業、植物由来原料を使用したチョコレート風味粉末を販売開…
  7. 抗疲労で注目のロディオラ ロゼア
  8. 「小林HMBCa」、原材料としてインフォームド・チョイス認証を取…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP