食品素材の記事

代謝マスタースイッチと肥満抑制スイッチをONにするUKOGIN(ウコギン)

備前化成では、運動機能向上と抗肥満効果向けの素材「UKOGIN(ウコギン)」を紹介している。

UKOGINは、古くから生薬として使われている世界四大ニンジンのひとつ「エゾウコギ」の抽出エキスを粉末にしたエゾウコギエキス100%の機能性素材。有効成分としてエレウテロシドE、エレウテロシドBを規格化(E+Bで1%以上)している。脂肪合成抑制とエネルギー産生向上により、運動機能の向上や抗肥満効果が期待できる。

機能性研究において、UKOGINは細胞内でエネルギー産生にかかわる重要な酵素AMPKを活性化することが明らかになっている。活性化したAMPKは脂肪酸合成経路で作用する酵素アセチルCoAカルボキシラーゼを不活性化するため、細胞内がエネルギー産生の方向に向かう。さらにUKOGINにより脂肪細胞の分化や肥大化にかかわる因子であるPPARγの発現量を低下させることが確認されているため、脂肪細胞の分化や肥大化を抑制することが期待できるという。錠剤や顆粒、飲料などに応用できる。

関連記事

  1. 免疫・脳機能など多機能性とたん白高含有で再注目の「クロレラ」
  2. オメガ6脂肪酸を規格化した安定性の高い粉末素材を上市
  3. スパイスで認知症予防を考える
    ―ウコン由来ターメロン、ゴ…
  4. 太陽化学、グアーガム酵素分解物の脂肪性肝疾患に対する効果を発表
  5. ウコン抽出物の変形性膝関節症とNASHへの有効性試験
  6. 生体利用効率の高いリポソーム化ビタミン・ミネラルを販売
  7. 無水マレイン酸・フマル酸事業、製販一体に
    ―扶桑化学工業が…
  8. プラズマローゲンの構造の違いによる神経細胞への影響を確認

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP