食品素材の記事

GABAの認知機能における有効性を確認

三菱商事ライフサイエンスは、ファーマフーズと共同でGABA(γ-アミノ酪酸)のヒト認知機能に関する臨床試験を実施し、その有効性を確認した。GABAを摂取した群の被験者は、GABAを摂取しなかった群(プラセボ群)に対して有意に認知機能の維持・改善がみられた、としている。

臨床試験は認知機能の衰えを感じる40歳以上の健常者120名を対象に、GABAを毎日100mg または200mgを3カ月間摂取してもらい、CognitraxおよびRBANSという認知機能検査テストを用いて評価した。その結果、GABAを摂取した群の被験者は、GABAを摂取しなかった群(プラセボ群)に対して有意に認知機能が維持・改善された。特に「記憶力」および「空間認知力」は100mg の摂取で維持・改善がみられ(下図)、200mg のGABAを摂取すると「記憶力」、「空間認知力」に加えて、「論理的思考力」、「作業記憶力」、「持続的注意力」も維持・改善された。さらに、認知機能とともに「活力」や「心の健康」が改善されることも明らかとなっている。

なお、本研究成果は論文として2020年3月発行の「薬理と治療」誌に掲載されている。この論文掲載を機に、国内外の食品・サプリメントメーカーにおけるGABAの採用を目指していく考え。また、GABAの認知機能維持・改善効果に関する特許を出願中である。

<発表論文>
Yamatsu A., Nakamura U., Saddam HM., Horie N., Kaneko T., Kim M. Intake of 200 mg/day of γ-Aminobutyric Acid(GABA) Improves a Wide Range of Cognitive Functions – A Randomized, Double-blind, Placebo-controlled Parallelgroup Clinical Trial– 薬理と治療 48, 3, 461-474 (2020)
http://www.pieronline.jp/content/article/0386-3603/48030/461

Yamatsu A., Nakamura U., Saddam HM., Horie N., Kaneko T., Kim M. Improvement of Memory and Spatial Cognitive Function by Continuous Ingestion of 100 mg/day of γ-Aminobutyric Acid (GABA) – A Randomized, Double-blind, Placebo-controlled Parallel-group Clinical Trial– 薬理と治療, 48, 3, 475-486 (2020)
http://www.pieronline.jp/content/article/0386-3603/48030/475

 

関連記事

  1. 肌改善、睡眠改善が期待されるオクラ種子エキス末発売
  2. 短鎖脂肪酸を多く生み出すビフィズス菌とイヌリンによる認知機能の改…
  3. 日新製糖のガラクトオリゴ糖「カップオリゴ®」が米国GRAS認証取…
  4. 食品と開発 ニュース 痛みケアの新素材発売
  5. 北海道産の「赤ビーツ」パウダーの原料販売を開始
  6. スポーツやフェムケア向け素材として有望な北海道産の赤ビーツパウダ…
  7. 池田糖化工業、植物由来原料を使用したチョコレート風味粉末を販売開…
  8. 数百名単位の被験者によるデータを有する乳酸菌製品

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP