技術・機器の記事

無線通信最長2.5kmまでカバー 温湿度データロガー管理システム発売

スタムは、最長2.5kmの通信距離をカバーする無線温湿度ロガーシステム「dlog」をリリースした。dlogはクラウドアプリと無線センサを活用した温湿度管理システムで、ネットワークに関する知識がなくても製品のガイダンスに従うだけで簡単に接続・設定ができる。

各センサから受信した温湿度情報をクラウドでまとめてデータ管理が可能なため、HACCPシステムでの運用に最適なほか、PCアプリから熱中症指数の確認・管理も可能だ。 dlogの無線センサは、①長距離無線接続タイプ(最長通信距離見通し2.5km※)、②中距離無線接続タイプ(同150m)の2タイプを用意。①は従来の無線通信では電波が届かずデータ収集が難しかった領域をカバー。①②ともに親機1台に対し子機100台まで接続可能。

このほか、PCやスマホ・タブレットの専用アプリにて収集データの閲覧やアラート設定、PDF作成等が可能なUSB・Bluetooth®接続タイプ(同10m)も用意している。
※無線距離は環境に依存します。

関連記事

  1. ニレコ、デスクトップ型「近赤外分析計A8850」の販売を開始
  2. 熱流、応力が可視化できる赤外線応用可視化システム開発
  3. 生産性向上や省エネ実現で中空糸膜モジュール導入が急増
  4. HACCP、ウイルス対策を高効率に行うオゾン水のミスト噴霧
  5. 高品位・高速印字を実現 自動洗浄機能で省人化を支援
  6. 防虫用エアカーテンに省スペースタイプ「バグシャッター スリム」登…
  7. 品質管理ITシステムに新機能追加―業務の効率化を推進
  8. 手指衛生管理と環境衛生管理を総合サポート
    安全・衛生の追求…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP