関連トピックス

木村郁夫先生による腸内細菌と多価不飽和脂肪酸に関する講演
(一財)日本水産油脂協会、第35回水産油脂技術懇話会 開催

(一財)日本水産油脂協会は、11月27日(金)に第35回水産油脂技術懇話会を開催し、京都大学大学院の木村郁夫先生による腸内細菌と多価不飽和脂肪酸に関する講演を行う。食品油脂の腸内細菌における代謝産物による生体生理機能への影響について、脂肪酸受容体を介したエネルギー代謝制御の観点からお話いただきます。

■第35回 水産油脂技術懇話会
【講演】腸内細菌による食用油由来、多価不飽和脂肪酸代謝と肥満への影響
京都大学大学院 生命科学研究科 生体システム学分野 教授
東京農工大学農学研究院 応用生命化学部門 特任教授  木村郁夫先生

【概要】食用油摂取により取り込まれる多価不飽和脂肪酸を、腸内細菌が新たな脂肪酸に代謝変換することで、宿主のエネルギー代謝調節に関与し、食事によって誘導される肥満を改善することを明らかにした。腸内環境を制御する食習慣や腸内細菌の代謝産物は、新たな代謝性疾患に対する予防・治療への応用が期待される。

【日時】11月27日(金)14:00~15:15(講演・質疑応答)
【会場】ZoomによるWeb開催(定員100名)
【申し込み】下記URLの申込みフォームにて11月20日(金)まで
https://ssl.alpha-prm.jp/suisan.or.jp/konwakai35.html
(記入したメールアドレスに受付メールを返信。1週間以内に届かない場合は下記問い合わせ先に連絡してください)
【懇話会】参加費は無料。詳細は下記URLの『技術懇話会』にて
http://www.suisan.or.jp/html/konwakai.html

【問い合わせ】
一般財団法人日本水産油脂協会
http://www.suisan.or.jp/
 TEL:03-3469-6891

関連記事

  1. 神奈川歯科大学、ポリデキストロースの新機能を発見―腸内発酵により…
  2. 東洋新薬、東京大学とともに産学連携研究セミナー・イベントを開催
  3. 昭和産業、サンエイ糖化を完全子会社化、一層強固な安定供給体制と、…
  4. 「ラフマ由来ヒペロシド、ラフマ由来イソクエルシトリン」を機能性関…
  5. 結晶セルロース 食事の最初に「めかぶ」を食べることでGLP-1(痩せホルモン)が…
  6. 物産フードサイエンス、「ケストースによる生活習慣病予防・改善効果…
  7. 日本清涼飲料研究会「第30回研究発表会」を開催-機能性や加工特性…
  8. 物産フードサイエンス、「パン類の生地改良及び食感改良剤」にて発明…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP